勝手気ままなBike Touringの記録

No.69:“早春の房総を...と云うには少し遅かったらしい”  − 千葉県南房総方面 −(2017年 3月 4日)

 


 

 

「1週間前の ‘ぶらり旅を...’ は、どう考えてもツーリングとは云えないよなぁ...。」

そんなことを考えながらツーレポNo.68を作成しているうちに、「次こそ普通のツーリングを」と思い始めた。ここに来てようやく寒さが緩み始めたことも、その気にさせる理由かもしれない。

さらに、このところ仕事(職場)がおもしろくなかったり、その他にもいろいろと気分的に ‘行き詰まり’(息詰まり?)感が続くことも、どこかに気晴しに行きたいと思ったのかもしれない。

 

ただし、「寒さが緩み始めて」と云っても山方面はまだまだムリな季節だし、仕事他の行き詰まり感から来るのか、何となく「海が見たい」と思っていた。

海、と云うことで最初は三浦半島方面を考えたが、思案するウチに南房総方面を選んだ。

そして、一昨年 ‘城めぐり’ で房総半島を走った際には、館山以南に城郭が無く最南端まで行かなかったので、今回は最南端まで行く事に。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

出発はam7:30より少し前。

寒さが緩み始めたとは云え朝はまだこの気温、とてもじゃないがam6:00の出発なんてムリ...って気持ちの問題だけど。(笑)

 

 

 

「とりあえずガソリンを入れていかなきゃ。」と思いG.Sに寄るが、いざ給油を始めると2Lに満たないうちに給油が自動停止。

「あれ?」と思ったらタンクはほぼ満タン、前回(No.68)、どこで給油したっけ?

 

 

 

 

 

 

 

1時間少々走って最初の休憩地点:道の駅やちよに。

ここに来るのはCBに載っていた頃、外房方面に行く時に立ち寄って以来だから約10年ぶりだ。

 

それにしても、BGMが昭和50年代の曲ばかりって(たぶんUSENなんだろうけど)誰の選曲(選局)なんだろう?(笑)

 

 

 

さらに1時間少々走り、2度目の休憩は「道の駅あすの里いちはら」へ。気温がまだ一桁と云うこともあってトイレが近いんです。(笑)

 

天気がなんだかスッキリしないなぁ...。

 

 

 

 

 

 

もの静かと云うか、活気がない「道の駅あすの里いちはら」を出発し、房総半島を縦断すべく南下。

 

交通量もそれほど多くないしノンビリしているんだけど、ただそれだけみたいな感じで今イチおもしろくないと云うか。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ツーリング雑誌等でよく見かける「笠森観音」に立ち寄ってみる。

 

笠森観音は正式には「天台宗・別格大本山笠森寺」で、大きな岩の上に建てられている観音堂は日本唯一の「四方懸造」として現在は国指定重要文化財とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

大きな岩の上に建てられた観音堂から下を見下ろすと、なかなかの高さを感じる。

 

 

 

境内にお土産屋があったりするところは観光地化しているのか。

そこにたむろっているツアー客らしきオバサマ達もなかなかの存在感...。(笑)

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笠森観音を出発し、ナビのルート案内に従ってR410を南下し千倉方面を目指す。房総半島のほぼ真ん中を縦断するルートなんだけど、これと云った変化もなくただ走るだけで、正直おもしろくない 。

ルート選択を失敗したかなぁ...。

 

 

 

 

 

自宅から約180kmほど走った所でようやく太平洋が見え、そしてさらに少し走って「道の駅ちくら潮風王国」に到着。

季節がまだ早いのか、バイクの数こそすくないものの、大勢の人で賑わっている。

「海が見えた!!」と思わなかったのは、天気が良くなく海の色も今ひとつだったからだろうか。

 

 

 

道の駅に向かう海沿いの道を走っていると、学生からお年寄りまで様々な人達が歩道を歩いている。

「ずいぶん多くの人が歩いているな...。」と思ったが、その人達は何やらイベントのチラシらしきものを持っている。

学校単位でそのイベントに参加している学生や生徒もいるようで、

 

帰宅後調べてみたら、この日は「南房総フラワー・マーチ」と云うイベントの開催日だった ようだ。

学校単位で参加している学生達も多く、市をあげての一大イベントになっているようで、半端無い人の数にちょっと面食らう。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

道の駅ちくらから少し走った、海沿いの空き地で14Rを駐めるが、天気が今イチで海の色も今イチなのが残念...。

 

 

 

海そのものはとても綺麗なんだけど、それを9年落ちのコンデジ(F80EXR)で表現するのはなかなか困難。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

房総半島最南端の野島崎を通り過ぎ、そのままR410を海沿いに洲崎灯台へ向かって走るが、すれ違う車も皆無に近いし、道沿いの菜の花はピークを過ぎたせいか ‘残念な状態’ だし、「春の日差しの中を走る早春の外房」にはほど遠い雰囲気...。

 

 

 

 

 

 

今回は、だいぶ前にツーリングで訪れたことのある野島崎灯台はそのままスルーして、洲崎灯台へ。

洲崎灯台は前から名前を知っていたが、足を運んだのは初めてのはず。

 

 

 

野島崎灯台に比べると、ずいぶんこぢんまりとした洲崎灯台。

東京湾の入口としての目印にもなる灯台を、大島をバックに撮ってみたけど、なんだか今イチだなぁ...は撮る側の問題か?(汗)

 

 

 

 

 

 

以前、南房総を走った時の大島は夕焼けだったこともあってきれいだったなぁ...。

 

この日はとにかくスッキリしない曇天が全ての元凶。

 

 

 

 

 

 

 

館山の街中にさしかかる頃になってようやく?雲が切れて青空が広がってきたけど、時既に遅しでちょっと残念...。

 

 

 

通りがかりの那古海水浴場近くで。

いつもながらiPhoneはどう撮っても逆光に弱い。「良い感じで撮れたかな」と思っても、レンズ性能なのかしっかりと余計な緑色の点?が映り込んでしまっている のはいつもと同じ。

 

 

 

 

 

 

9年落ちコンデジ(F80EXR)、もう少し設定が弄れたら良いんだけどなぁ、発色も今イチなことが時々あるしなぁ...。

特に絞りはNDフィルタ有無の2段階しかないのが一番の欠点だろう...とスペック的なことを云っても仕方ないんだけど。

やっぱり新しいコンデジ買うかなぁ?(笑)

 

 

 


 

 

 

 

 

 

通りがかりで偶然見かけた崖の上のお寺。名称も位置もよくわからん。(笑)

この頃はもうただ「走るだけ」になっていたかもしれないなぁ...。

 

 

 

洲崎灯台を過ぎた頃からだったか、燃料の残量を気にしながら走っていたけどなかなかG.Sがなくて、館山道富岡IC近くでようやく給油。

この辺りってセルフが無いのは地域柄か?

 

 

 

 

 

 

道の駅きょなんで休憩。

ここが失敗だったことは、ここを出発して数分の所(鋸南保田ICのすぐ近く)に、新たに出来た(らしい)「道の駅保田小学校」の前を通過して気付く。

そう云えばしばらく前に何かの番組で写っていたのが「道の駅保田小学校」だったような気もするが、新たに出来た道の駅と云うこともあるのだろうか? きょなんと違ってかなり賑わっているような感じで凄く後悔。

 

写真の「揚げ餅(だったかな?)」もなんか今イチだったし、きっと道の駅保田小学校の方がもっと美味しいものが沢山あっただろうな。

 

 

 

 

 

 

鋸南保田ICから館山道に乗り、木更津JCTまでは対面通行ながらまぁまぁのペースで走れたのだけど、東京湾アクアラインに入った途端に渋滞に出会し、アクアラインは全線渋滞で海ほたるに寄る気にもなれず、写真の辰巳PAまできてようやく(最後の)休憩。

 

 

結局この日のツーリングは、途中からただダラダラ走るだけのツーリングになってしまった様な感じだった。

どうしてだろう...?

 

 

 

 

 

 

18:30頃自宅に到着。

 

アクアラインの渋滞、そして首都高を降りてからの(地元の)帰宅時間渋滞のお陰で、全走行距離のワリになんだか疲れたツーリングになった。

気分的に、「久々に楽しいツーリングだった」にならないのはナゼだろう?

期待した天気が今イチだったのが一番の原因だろうか? いや、それだけではないと思うが、「早春の房総」と云うには、季節が少し遅かったのが原因か?でも1月は冷え込みが厳しく、ツーリングに行く気にはちょっとなれなかったしなぁ...。

 

 

 

レースシーズンが始まる前に14Rを車検に出さなきゃだし、その前にもう一度くらいはツーリングに行って不満足になってしまった今回のツーリングのリベンジをしたいけど、行く時間が取れるのかなぁ?

少し考えて見よう。

 

 


 

 

 

 

(改版:2017/03/06

 

 

inserted by FC2 system