勝手気ままなBike Touringの記録

No.67:“5年ぶりの富士山界隈はまたしても姿表さず”  − 静岡県県伊豆〜山梨県富士山麓方面 −(2016年10月10日)

 


 

 

6月に酷道352号を走って以来、「ツーリングに行きたいな...。」と何度か思ってはみてもなかなか行く機会に恵まれないまま10月に。

前回(No.66)もほぼ思いつきで秩父方面へ行ったものの、あまり充実したツーリングにはならなかった。その理由は明らかで、当初計画していた ‘伊豆〜富士山界隈ツーリング’ を、当日朝急遽キャンセルした代わりだったからだ。

 

その後もなかなか天気に恵まれなかったり桶川や岡山に行ったりその他のいろいろで、結局ツーリングに行かず終い。

そんな理由もあって、「10月の連休は1日くらいどこかに行きたいなぁ...。」と思ったのが9月末だったか。

行き先をいくつか思案したが、ふと ‘ドタキャン’ した「伊豆〜富士山界隈」を思い出し、ほぼそのままその時の計画のルートを走ることに。

 

 

 

ツーリングに行くなら...と、その前の週にずっとサボっていたエンジンオイルをようやく交換する気になったが、その際にタイヤが限界に達していることに気付く。

慌てて桶川のタイヤショップに在庫を確認し交換、とてもじゃないがそのまま走れる状態じゃなかった。(笑)

 

 

 

 

 


 

 

 

 

さて、当日朝。

前日までの予報では、この日は好天に恵まれるはずだったのになぁ...みたいな空模様。雨の心配はなさそうだ、たぶん...。

 

 

 

 

 

 

この日の日の出はam5:34、明るくなる頃を見越してam5:00頃出発したかったけれど、少し遅くなってしまいam5:20頃に出発。

 

 

 

自宅を出発後15分ほどのところで給油、実は自宅を出発した時からEMPTY表示...。(笑)

 

 

ここに来るまでの間に、ほんの僅かながらシールドに雨粒が...。(汗)

 

 

 

 

 

 

一瞬ポツッときた ‘雨粒’ はその時だけだったが、この先少し心配になる。レインスーツも持ってきてないしなぁ...。

 

 

環8から東名に乗り、海老名SAで最初の休憩。

ここまでの所要時間は1時間半ほどで順調な滑り出し、何しろ環8が信号に引っかかる以外は、渋滞どころか混雑もほぼ皆無だったのだから。いつもこうだったら最高なのになぁ...。

 

それは良かったが、雨こそ降らないものの天気が回復する兆しが無いのが心配、オマケに少し肌寒いし...。

 

 

 

海老名SAでは相変わらずオッサン達のバイクで溢れている。そしてもの凄い数のバイクだ。バイク用駐車場の大きさも半端じゃない。(奥にも別のバイク用駐車場がある。)

 

14Rの左手前に停まっているのはKAWASAKI 750SS、いわゆる ‘初代H2’ 、2ストローク車のせいか「これでナナハン?」と云う位コンパクトなエンジンのマシンだ。

 

 

 

 

 

 

 

大井松田ICで東名を降りてR246を西へ走り、東名からは攻略できなかった「中川城」を ‘道の駅 山北’ の先で攻略 。

この日ももちろん城郭攻略は忘れない。(笑)

 

後になって「もう少し構図とか考えろよ」的な写真ばかりなことに気がつく。

 

 

 

夜遅く鈴鹿に向かって東名を走る時に、ナトリウム灯の照明に照らされ浮かび上がる様に見えるR246を走る。

東名に沿って走る国道だからもう少し立派な?道かと想像していたが、交通量も少ない地方の国道だったのにはちょっと拍子抜け、当たり前か。(笑)

 

 

 

 

 

 

道の駅山北界隈からR246を15分ほど走ったところにある、道の駅ふじおやま。

 

ここで「山中氏館」を攻略

山中氏館はここから直線で13km以上離れた山中湖の向こう側にあるのに、ここで攻略できてしまうのはナゼ?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

R246裾野BPからR138に入り、御殿場市内を抜ける。

「あれ?」と思いながらそのままナビの表示に従って分岐を右折してK401を走り長尾峠に 。まっすぐ行けば「乙女峠」だったんだなぁ...って何があるワケでもないけど。

 

長尾峠をを右折すると、ここから「箱根スカイライン」が始まる。

 

 

 

箱根スカイラインから池尻峠を通って今度は芦ノ湖スカイラインへ。

この道もなかなか ‘楽しい’ 道なんだだけど、ときどき走り慣れたライダーがけっこう ‘良いペース’ で追い越していく。

 

 

 

 

 

 

 

芦ノ湖スカイラインって、箱根のカルデラの外輪山内側の山間を芦ノ湖を見ながら走る道だとばかり思っていたけど、実際に芦ノ湖が見えるところはあまりな かったな...。

 

 

 

なんか寂れているなぁ...。

草が伸びてなければ芦ノ湖が見えるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

芦ノ湖スカイラインを走り切ると、箱根峠を越えて今度は6月に走った伊豆スカイラインを走る。

もう少し走っている2輪・4輪がいると思ったのに、この日も思いの外少なかったなぁ...。

 

 

 

途中から前方を走るグループのペースに合わせて余裕のペースでノンビリ。 そう云えば途中でネズミ取りやってたっけ。

 

写真に写っている、前を走るアメリカンのライダーは女性ライダーだったな。今どきの云い方だと「ガールズ・ライダー」とでも云うの?それとも「バイク女子」とでも云うの?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

それなりに楽しい道だった伊豆スカイラインを冷川ICで降りて韮山方面へ。

標高はわからないけど、天気も良くならないし寒さを感じるギリギリの気温だったかも。

 

ここで「鎌田城」を攻略。6月もこの辺りを通っていたが攻略できる状況では無かった...。(笑)

 

 

 

伊豆の国市にある道の駅「伊豆のへそ」でひと休み。道の駅と云っても、道の駅そのものは(写っていないが)写真左の建物のことらしく、それよりも正面の ‘IZU WORLD みんなのHawaiians’ が「ここは第二のいわきか?」と思わせてしまう。(笑)

 

この先で「韮山城」「韮山代官所」の2城郭を攻略。

 

 

 

 

 

 

 

沼津ICから東名を西に向かって走り、富士川SAへ。

美味しそうなのがあれば、B級グルメで有名な ‘富士宮やきそば’ を食べようかな?

 

 

 

B級グルメで有名になった ‘富士宮焼きそば’ ...ではなく、釜揚げしらす丼を食べることに。(笑)

 

 

 

 
 

 

伊豆半島を走っている時がどんよりとした曇り空だったけど、ふと気がつくとそこそこ良い天気になっていた。富士山も見える!

 

 

 

 

 

 

雲の合間からどうにか見えた富士山

この季節は残雪がないからほぼ真っ黒に見えるのが今イチ。(笑)

 

でも、この日は諦めていたからちょっと得した気分。

 

 

 

 


 

 

 
 

後半戦と云うワケではないけれど、富士川SA/スマートICから一般道に降りて、次の攻略予定の「下山城」「菅沼城」に向かってR52を富士川沿いに北上する。富士山の「外輪山の外側」を走ると云う感じのルートなので富士山は全く見えない。(笑)

 

 

 

 

 

 

「へ? また通行止め?」(汗)

前回(秩父)からこれで3度目のUターン...。

 

 

 

通行止めの道(K10)を引き返し富士川の対岸沿いに走るK398を走る。

水の色こそ違うけど、富士川の景色がなんとなく8月に見た吉野川を思い出させる景色だった。

 

 

 

 

 

 

 

「どうもさっきからカウル周りがガタガタ言うし、上下に揺れるような気がするんだよなぁ...なんだろう?」

途中で14Rを駐めて確かめて見ると...。

 

「マジ?」

カウルステーのボルトがアリマセン...。(汗)

 

 

 

「ホームセンターがあったらボルトを購入して固定しよう。」

 

コメリを見つけ8×50mmを購入するも太すぎて入らない、そして50mmだと長いかな?と思って6×40mmに交換してもらったら、今度は短すぎて届かず。

もう一度交換してくれとも云いにくく諦めてそのまま走り出す。デコボコ道を走るとガタガタ振動するけど、まぁなんとか大丈夫だろ。

 

固定ボルトが無くなっても、「下山城」と「菅沼城」の攻略 は忘れない。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

身延町からR300 ‘本栖みち’を走り本栖湖畔で富士山を望...やっぱり見えない。

 

 

 

本栖湖から西湖に向かう途中で。

 

右側に広がる原生林は一度入り込んだら二度と出られなくなると云われる ‘青木ヶ原樹海’ 、出られないとか、コンパスが使えないとか云う話は都市伝説的な話らしく、自然の宝庫とか。

 

 

 

 
 

 

河口湖畔にて。

 

河口湖、と云っても富士河口湖町の賑やかなあたりとずいぶん違う雰囲気、そして富士山は「全く」見えませんって云うか、雨降りそう?

 

 

 

 

 

 

「谷村城」を攻略した後、都留ICから中央道に乗って帰途につくも大月を過ぎたところから八王子ジャンクションまで延々と渋滞が続く。

 

3連休最終日だから仕方ないが、もちろんSA,PAも激混みで入る気にもならず、圏央道狭山PAまで一気に走り、ようやくひと休みと云った感じ。

 

 

 

この日最後の攻略となった「谷村城」近くで14Rを適当に駐める。

都留市の寂れ方も富士吉田市と良い勝負だ。

それにしても、どうしてこんなところで撮ったんだろ?的な写真(笑)

 

 

 

 

 

 

 

谷村城」を攻略した後、都留ICから中央道に乗って帰途につくも大月を過ぎたところから八王子ジャンクションまで延々と渋滞が続く。

 

3連休最終日だから仕方ないが、もちろんSA,PAも激混みで入る気にもならず、圏央道狭山PAまで一気に走り、ようやくひと休みと云った感じ。

 

 

 

狭山と云えば狭山茶の産地、これは「抹茶カレーパン」

ちょっと小腹が空いて食べてみたら、抹茶の存在はわからなかったけど、数分待たされた後の、正に揚げたての熱々で美味しかった。

そう云えば今回は一度も「オヤジ、スィーツを食らう」が無かったな...。(笑)

 

 

 

 

 

 

自宅にはほぼ予定通り...渋滞に巻き込まれた分だけ少し遅かった程度...の18:30過ぎに到着、雨にも降られずに走り終えた。

計画では500kmに届かない位の距離を予想していたが、帰宅時には500kmを越えていた。最近500kmが当たり前になりつつある。 そのうち大凡150kmくらいは高速だが。(笑)

 

 

今回のルートはいろいろなところでいろいろな角度から富士山が見えるはずだったが、昼前後を除いてほぼ終日どんよりとした曇り空となってしまい、残念ながら富士山の姿はちょっとだけしか見えなかった。

こうなったら、真冬になる前の冠雪した富士山を観に行くか?(笑)

 

 


 

 

 

 

(改版:2017/01/11

 

 

inserted by FC2 system