勝手気ままなBike Touringの記録

【 No.61:天気予報に騙されたよ...(泣) − 福島県会津若松〜裏磐梯方面 − (2016年5月2日)

 


 

 

このところ、サーキット通い?が多いせいか、あまりツーリングらしいツーリングに行っていない。‘ツーリング’ と云っても ‘城郭攻略’ ばかりだし...。

 

  ‘下野安房’ 城郭攻略:457km

   ‘真田街道’ 城郭攻略:537km

   ‘甲斐軍勢’ 城郭攻略:566km

 

「城郭攻略」と名の付くツーリングは、とにかく城郭付近までひたすら走る(&スマホで攻略ボタンを押す)だけ。上の走行距離を見れば一目瞭然、 果たしてそれをツーリングと云うのか?

...と云う疑問は持たないようにしないと、ツーリングが成り立たなくなってしまう?(笑)

 

そんなワケで今回も城郭攻略...だけではなく、会津〜磐梯方面に行ったことが無かったので、攻略ついでに走ってみようと計画。

 

 

 

 
 

 

 

 

ツーリングとは直接関係ないんだけど、前日にオイル交換。

今回はフィルタも交換、サービスデータによるとフィルタ交換時は4.1Lとされていて、廃油をとことん抜いてから交換しようと5L用意したのに、ギリギリ4Lで足りてしまった。

ちなみに、カワサキ車に換えて7年にもなるのに、カワサキ純正オイルは初めて。(笑)

 

 

朝5:00少し前に出発。

この時点では外気温11℃、だったかな? 予報では晴れて暑くなるとのことだたので、ジャケットもメッシュ(インナー付)を着て出発したが...。

 

 

 

 

 

4号BPを1時間半ほど北上し、那須方面などに行く時によく利用するマクドナルドで朝マック、ここに着くまで14Rの外気温計は11℃のまま。(寒)

カウンターで注文に対応してくれた女性の方が、頼んだ品をテーブルまで運んできてくれた際に話しかけられる。

 

 「どちらからですか?」

 「春日部...埼玉です。」

 「朝霞の近くですか?

 「朝霞はもっと東京寄りですよ」

 

話によれば、最近息子さんが朝霞に転勤になり独り暮らしを始めたと同時に、それまでは関心が無かったバイクにハマっているそうだ。(笑)

 

ちょっとしだ談笑だったが、寒さを忘れさせほっこりした気持ちにさせてもらった気がした。

 

 

マクドナルドを出発、塩原を抜けて次の休憩予定地:道の駅「会津西街道たじま」へ走る。

4号BPのようなペースでは無いせいか寒さは少し軽減されるが、雲は全く切れる様子がないし、気温も上がらず10〜12℃の表示を行ったり来たり。

 

 

ようやく福島県境へ。

ここまで約150km、外気温10℃。

 

 

 

 

 

8:00過ぎに「道の駅会津西街道たじま」に到着。

この時間じゃ売店もやってないだろうと思っていたのに、既にオープンし賑わっているのには少し驚き。

 

 

トイレ&ひと休みを済ませて14Rのところに戻ると、隣に怪しげな雰囲気のFITが停まっている。

気配を伺いながら遠目に覗き込むと、運転席以外のスペースは荷物が満載、まるで ‘走るゴミ屋敷’ だ。

運転席でオジサンが寝ていた様子だが、ん〜臭くないのだろうか?と想像してしまう。まぁ、臭いで死ぬことはないだろうが。(笑)

 

 

 

 閉じる


 

 

 

最初の ‘目的地’ ...いや、攻略対象は「中丸城」、奥只見線会津横田〜会津越川駅の間にある。と云っても奥只見線は会津川口〜只見駅間は不通のままだ。中丸城を攻略するためのポイントまでR121 〜R400を北上するが、ジワジワと山深くなるし標高も上がるし、これ以上寒くなったらキツくて無理か? でも会津の予報は晴れ、ん〜と思いながら走る。

 

 

 

 

 

会津田島から国道400号へ、この道は2度目のはずだが全く覚えていない。(笑)

それにしても、前にも後ろにも車はいないし対向車もほとんどいない交通量なのに「登板車線」、これって税金の無駄遣い以外の何でもないとしか思えない。

 

 

登板車線があるかと思えばこんなデコボコ道もある国道400号の途中で得体の知れない物体を見つける。

これは一体何だ?

まったく関係無いハズなのに、どうしても城の防御の為のものに見えてしまうのはビョーキ以外の何でも無い。(笑)

 

 

 

 

 

福島県大沼郡不昭和村

調べてみると人口僅か1,300人、高齢化率54.8%(65歳以上の占める率、全国2位)と云う村だそうだ。

 

 

道沿いに見える家々は、かつてかやぶき屋根だった家をトタンに葺き替えたような家ばかりが並び、外壁も痛んだままの家が多いことにも驚く。

時々見かける人々もお年寄りばかりで、走りながら「そもそもこんな山奥にどうして人が住み始めたのだろう?」と考えてしまった。

 

 

 

 

 

道の駅「からむし織のさとしょうわ」でトイレ休憩、とにかく冷える→トイレに立ち寄る、の繰り返し。(泣)

国道400号沿いとは云え、街道沿いでも無いところに道の駅を作って、それだけお客さんが来るのだろう?

 

ここで「久川城」を攻略、ここから直線で18kmもあるらしく想定外の距離。(笑)

 

 

国道400号の昭和村〜金山町(只見線沿い)間にいくつも設けられたスノーシェード。

この辺りはどのくらいの積雪になるのかわからないが、「ナゼこんな辺鄙な道に...。」と思ったものの、後から考えたらこの道は昭和村の生活道路...生命線なのだろう。

 

 

 

 閉じる


 

 

 

 

 

10:00ちょっと過ぎに会津川口駅に到着。

ナビには「金山町観光情報センター」、道の駅ではないにしてももう少し観光施設的な建物を想定していたのだけど、駅舎と郵便局と銀行と...観光センターはよくわからず。(笑)

ここで、この日最初の予定だった「中丸城」を攻略。

 

只見線は2011年の新潟・福島豪雨によって会津川口〜只見間が不通のままで、復旧の見通しがたたないそうです。

 

 

今度は会津若松へ向かって只見川沿いに国道252号を走る。只見川はこんな山奥なのに水量が多く、水が少し濁り気味で不思議な川だ。

 

道の駅尾瀬街道みしま宿で「岩谷城」を攻略。攻略するのは良いものの、岩谷城も中丸城も、どんな城郭かまったく知らない。(笑)

 

 

 

 

 

いちおう、この日メインの目的地だった「鶴ヶ城」(会津若松城)に到着。

このお城、20年ほど前のGWに訪れた記憶が「かすかに」あるが、もっと寂れていたような記憶しかない。(笑)

 

現在の天守は1960年(昭和35年)に鉄筋コンクリート造による復興(外観復元)城として再建されたもので、2010〜11年にそれまでの黒瓦から赤瓦葺に葺き替えられたそうだ。

 

ここで会津若松城、神指城、向羽黒山城の3城を攻略。

 

 

 

 

 

本丸内の一角で、名前は忘れたがちょっとしたお店が並んでいた。

 

 

その中のお店で ‘さくらあんドーナツ’ を買って食べる。まぁそれなりに美味しかった。

スイーツなオヤジ、寒さを耐えながら走ってきたのでソフトクリームには手が出ません...。(笑)

 

 

 

 

 

次の城郭を攻略すべく、裏磐梯方面...道の駅「裏磐梯」(ベタな名前だなぁ...。)を目指す。

途中、喜多方市内で「北田城」「新宮城」「陣が峰城」を予定通り攻略するが、そこで「桧原城」も攻略、桧原城までまだ20kmくらいあるはずなのに...。(笑)

 

桧原城を攻略できてしまったので、わざわざ裏磐梯まで行く必要もなくなってしまったのだが、せっかくだからそのまま裏磐梯にむけて走る。

 

道の駅裏磐梯、やはりツーリングのメッカなのか、ライダーが多かったな。

 

 

‘片山右京も絶賛した’(単に ‘食べた’ だったかも...。)と云う山塩ラーメンを食べてみる。

ん〜...、まぁそれなりに美味しいけど、それだけかな? 普通に喜多方ラーメンを食べれば良かったかも。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ここでちょっとした問題が発生。

城郭攻略と同時に浪人武将を発見することがあるが、その中に話題の?上杉景勝がいた。上杉景勝は越後の武将だとばっかり思っていたが、1598年(慶長3年)に秀吉の命により会津120万石に加増移封(国替)されたそうで、そのためにこの地で発見したのだろう。なかなか歴史に忠実なゲームだ。(笑)

そんなことはどうでも良いが、景勝を登用するには10万石が必要、今の ‘手持ち’ はわずか5万石しかない。10万石まで石高を増やすには、5城以上は攻略しないとならないが、この日の予定はあと3城(朝日城、宇津峰城、小野城)、どうみても10万石に達することは出来ない。

攻略状況マップを見ると、二本松市の東に未攻略の城郭が5城ある。「これを狙うしかない!」... ツーリングはどうなった?(笑)

 

この頃の外気温は場所にもよるが高い時で19℃。

15℃を超えれば寒さを感じなくてすむが、予報の「25℃」はいったいどこのド素人が誰が予報したんだ?

 
 

 閉じる


 

 

 

 

檜原湖沿いの国道459号から安達太良山北側を走る国道115号を走る。

天気もずっとこんな感じのどんよりとした曇り空だし、交通量も皆無と云うほど少なく、少し拍子抜けで、同じ様な景色、同じ様な道にちょっと飽きてきた頃。

 

天気が悪い事に加え、安達太良山の近くを走っている時は霧も出ていて、景色を楽しむことが出来なかったのはちょっと残念だったなぁ...。

 

 

川俣町〜伊達市界隈まで走り、「刈松田城」他4城を攻略、石高もようやく10万石に達した。

「小手森城」を攻略下のが16:07、そろそろ帰らないと。

 

余談だが、川俣町から宇津峰城がある須賀川市へ走る途中で、「浪江町方面:許可者以外通行禁止」の標識を見たり、TV等で見かけるプレハブの仮設住宅を見たり。

走りながら、あれから5年が過ぎても「元の生活」に戻れないままの人達がいる現実を少し考えさせられてしまった...。

 

 

 

 

 

三春ダムによって作られた ‘さくら湖’ にかかる県道140号のつり橋。特に何ってワケでもないんだけど、なんとなく停めて撮ってみた。

 

 

さくら湖、地理的な理由なのだろうけど、地図で見る限りなかなか複雑な形で面白い。

 

 

 

 

 

17:00を過ぎ、この日最後の予定だった「小野城」を攻略しようと14Rを停めるが、ここでは出来ず。

 

 

左の写真の信号を左折し数km走ったところで再び攻略を試み無事完了。

ここまで約440kmを走破、ここから自宅までは約200km強...。

 

 

 

 

 

須賀川市内の中心を抜ける際に、ふと道路際に怪獣が立っていることに気付く。

最初に見つけたのは何だったか忘れたが、エレキングやウルトラマン(の何か)、等がいる。

 

次に見つけたら14Rを停めて...、ゴモでした。(笑)

 

 

 

調べてみると、ウルトラマンシリーズの監督だった円谷英二監督の出身地とか。

そして、須賀川市は2013年にM78青雲 光の国と姉妹都市提携を結んだらしい。(驚)

 

でもこう云う遊び心、好きだなぁ...。(笑)

 

 

 

 

 

須賀川ICから東北道に乗り、黒磯PAで休憩、檜原湖を出発してからほとんど停まることなく走ってきたので、ちょっと嫌になっていた頃。

 

 

「ガソリンが残り少ないなぁ...」と思いながら走ってきたけど、結局ここまでESSO Expressは1件もなく。

この先館林付近で渋滞中、ガソリンも無いしなぁ...と思案しながら珈琲を飲む。

 

 
 

 閉じる


 

 

 

 

高速上の渋滞表示が延びているので矢板ICで高速を降りてR4BPを走る。

ガソリンを入れたのは、結局上三川を過ぎたあたり、それもESSO Expressは無く、ENEOSUで入れることに。

ついでにタイヤの空気圧を確認したら、F/Rとも200kpa前後しか無かった...。(汗)

 

自宅に到着したのは20:30、帰宅予定時刻はあまり考えていなかったけど、追加で5城を攻略したのが理由かな。猪苗代湖近くにある「朝日城」が攻略できなかったけど。

 

それにしても、往路に比べれば帰路はそれほど寒くはなかったけど、まったく天気予報に騙されたツーリングになってしまった。

前夜にも確かめた上でメッシュのジャケットにしたりしたのに、ホントに参った。

やはり身体が冷え切ってしまったのだろう、帰宅後何となく怠くて仕方なかったが、翌日には戻ったので良しとしよう。

 

 

これで、一部を除き自分が足を運びやすい土地にある城郭はだいぶ攻略できた。「できた」と云うよりも「終わってしまった」の方が良いかも知れない。

後は、信州長野〜松本界隈とか、越後とか、もっと遠いところばかりになるなぁ、いつ攻略するかなぁ、手持ちの石高も無いから武将検索もできない(武将を見つけても石高不足で登用できない...なかなか上手くできているゲームだ。(笑))しなぁ...。

あれ、ツーリングの話はどこにいった?

 

 

次は普通の?ツーリングにしよう、今度こそ。(たぶん。(笑))

 


 

 

 

 

最終更新:2017/01/03

inserted by FC2 system