勝手気ままなBike Touringの記録

【 No.60:懲りない城郭攻略耐久(笑) − 東京都奥多摩〜山梨県各地 − (2015年10月 4日)

 


 

 

 ‘真田街道’城郭攻略 :537km

 ‘上野安房’ 城郭攻略:457km

の2度のツーリングで懲りるどころか、どうやら味を占めてしまったらしい‘城郭攻略’の第三弾、今回は東京都奥多摩〜山梨県甲州の城郭攻略を目指す。

ついでに、町田市界隈の未攻略城郭も攻める。東名上では攻略できない城郭だ。

 

 

事前に計画した攻略ルートによる走行距離は約508km、‘真田...’の実走は超えない計画だ。

計画通りには行かないのは2度の城郭攻略で経験済みだが、今回は今までよりさらに綿密な攻略計画を立てたつもり。

さてどうなることやら...。(笑)

 

 

 

 
 

 

 

 

am5:30過ぎに自宅を出発、ちょうど日の出の時間だ。

予想走行距離から考えるともう少し早く出発した方が良かったかもしれないが、後の祭り。(笑)

それにしても、彼岸を過ぎると日の出がどんどん遅くなることを改めて実感。

 

 

R122→環七→R246と一般道をひた走り、横浜市青葉台のESSO Expressで給油

日曜の朝早い時間だったのでそれほど混まず、ここまで約70kmほどを1時間半ほどで走る。

 

行き慣れているESSO Expressだけど、ここで\2引きの割引券もらってもおそらく2度と利用しないだろうなぁ...。(笑)

 

 

 

 

 

聖蹟桜ヶ丘駅付近でこの日6城目となる「関戸城」を攻略。

‘攻略’と云っても城郭があったとされる場所の近くまで云って「城攻め」ボタンをタッチするだけだから、こんな場所でも攻略できる。面倒なのはグローブがスマホに対応してないから、止まる度にいちいちグローブを外さなきゃならないこと。(笑)

 

 

平山城址公園駅と云う、そのまんまとも云える駅の近くにあったとされる「平山季重居館」を攻略、でも‘発見!城めぐり’には「平山城」と云う名称は記述されていない...。

駅の、城郭があったとされる地の反対側を流れる浅川の流れが心地良い。

 

 

 

 閉じる


 

 

 

片倉城、横山党館(本当に城郭なの?)を攻略した後、ここまでに攻略した城郭をチェックすると、‘由木城’ の攻略を逃していることに気付く。

由木城は平山城址公園駅付近で攻略するはずだったが、そこからの距離(約2km)では攻略できなかったようだ。

しかたなく、由木城があったとされる「永林寺」をめざすが、途中で朝食&トイレ休憩で久々に朝マック。そう云えばカウンターの女の子は朝からやる気なさそうオーラが出まくり、「スマイル\0」はどこにいったやら...。(苦笑)

 

それにしてもかなり大回りさせられてしまったな...。もっと早く気付けよ>自分

 

 

 

 

 

由木城、そして滝山城を攻略した後、この日12城目の攻略は「高月城」。

この城、かつてはどうやら ‘愛欲の城’ だったらしく、お殿様と妾がお忍びで来たようだが、奥方に見つかり廃城にされてしまったようだ。(ォィ

 

 

16城目の攻略は「戸倉城」

朝、家を出発した時はメッシュ無しのレザージャケットでも肌寒さを感じるほどだったが、10:00を過ぎた頃から予想以上に暑くなりつつあった頃。

 

山梨の高原...野辺山界隈を想定&朝方の気温が思いの外低めだったのでこっちのジャケットにしたが失敗だったか?

 

 

 

 

 

戸倉城を攻略した後、檜原村役場を過ぎたあたりで檜原城を攻略。

次は奥多摩湖に沈んだ杉田屋敷...のはずだったが、驚いたことに檜原城を攻略したポイントで杉田屋敷も攻略、直線距離で約12kmも離れているのに、だ。

この日はチャリダー(ロードバイク)のイベントか何かを開催していたようで、帰宅後調べてみたら「第5回東京ヒルクライムHINOHARAステージ」なる大会が開催されていたそうだ。

 

そのヒルクライム大会が行われていた(6:30〜9:00まで?)、檜原城を攻略した檜原村役場付近から、檜原街道〜奥多摩周遊道路を走る予定だったが、杉田屋敷が攻略できてしまったのでルートを変更し、上野原から高速で甲府方面へ向かうことに。

 

 

同じ様な写真だが、iPhoneの内向き?カメラがもう少し広角なら良いんだけどな...。(笑)

 

 

 

 

 

勝沼ICで中央道を降り、ぶどう団地(正式名では無いと思う)を突き抜けて、勝沼氏館、於曽屋敷、連峰屋敷を攻略。

次の目標:浄古寺城・小田野城の攻略ポイントとなる八幡小学校へ向かう途中で見つけた「大井俣窪八幡神社」、チラ見しただけだったが、なかなか由緒ありそうな神社だった

機会があれば改めて訪れることにして、この日は先を急ぐことに。

 

 

 

 

 

浄古寺城、小田野城を攻略、次の目標となる要害山城を目指して県道31号を西へ。

 

途中で見かけた棚田が広がる農村の風景がのどかで良い感じだった。今どきの表現なら「棚田の風景に癒される」か?(笑)

 

 

 

 

 

山梨市から甲府市への名も無き峠を過ぎた頃までは、県道と云うこともあり、そんなに酷い道は想定していなかった。

「武田神社まで5kmなんて、もうすぐじゃん。」と思ったのは間違いだったのか...。

 

 

ギアを1速に入れてエンジンを止めてもピストンがクランキングしてしまうほどの急坂、そして路面はでこぼこ、そして亀裂だらけのコンクリート、車幅も狭く(写真の場所はこれでも広い方な位。)急斜面の道路が数km続いているのには正直参った。

260kgのバイクが走る道では無いことは間違いない、何しろ延々と1速エンジンブレーキで下り続けたのだから。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

とても県道とは思えないコンクリートウォール走行を数km強いられた後、まるで抜け道から通りに出た如くごくまともな道に繋がったところに建つ ‘積翠寺温泉 要害’、この温泉(鉱泉)は武田信玄が傷を癒した隠し湯で、後ろの山の頂きに要害山城があったらしい。

左の写真は旧館らしく現在は使われていない様子だった。右は温泉の少し下で見えた甲府盆地。

 
 

 閉じる


 

 

 

 

 

 

さらに約3kmほど南下したところにある武田神社、武田氏の本拠地「躑躅ヶ崎館」(別名:武田氏館)があったところだ。

敷地内にあった説明板によれば、当時はこの館のあった所を主郭として周辺に城下町が設けられたそうだが、武田勝頼が新府城を築き1582年に移転した後、1590年に甲府城が築城され躑躅ヶ崎館は廃城になったそうだ。

 

 

 

 

武田神社境内にあった「さざれ石」、国家‘君が代’で有名なヤツだが、説明を読むとどうやら貴重な石らしい。

そんな風には見えないが...。

 

 

「オヤジ、ここでもソフトクリームを食す」

正しく?は‘ 信玄アイス ’、と云っても単にバニラソフトに黒蜜ときなこがかかっているだけなんだけど。(笑)

この日一番暑かった頃で、何気に美味しかったな。

 

 

 

 

 

躑躅ヶ崎館と同時に甲府城も攻略、湯村山城、白山城、そして新府城を攻略、ここまでで29城を攻略したことになる。

 

新府城跡、ナゼ鳥居があるのかわからないが、どうやら本丸後に小さな祠があるらしい。それ以外になにかあるワケでもないので上まで行かず次への城郭へ。

 

 

 

 

 

深草館 、谷戸城、小宮城、獅子吼城を攻略した後、県道32号/国道141号の交差点付近で「あれ?比志城が攻略できないぞ?」

オレはこの信号を左折したいのになぁ...と思いながら仕方なく右折。

 

 

県道610号に入り無事比志城を攻略、このまま進むと信州峠を越えて小海町方面に進むことにするが、ここまで来る前に、メーターが表示するガソリン残量は1目盛り、残り航続距離も100km前後を表示する状態で、実はかなりヒヤヒヤしながら走っていた。何しろJA-SSばかりでどこも日曜は休業、給油が出来ないのだから。

県道610号から23号に入りしばらく走ったところで営業中のG.Sを発見!

 

 

 

 

 

フルタンクになったので、県道23号を「気持ち良く」走る。給油するまではとにかく「できるだけスロットルを開けない」超エコ運転を強いられていた反動だ。

 

写真は信州峠、確か\0マップにも紹介されていたルートだった記憶があり、もう少し何かあるかな?と思っていたが、単に県境表示があるだけで峠名の表示すらない。

 

 

 

 

 

この三叉路を右に行くと ‘三国峠’ を超えて秩父に行く道、CB400SFで迷い込んだ中津川林道に繋がっているはず。

 

 

高原野菜...野辺山(と云うか南牧村)を感じた一瞬。

 

 
 

 閉じる


 

 

 

 

この日攻略予定だった最後の城郭「金山城」、真田街道耐久ツーの時に唯一攻略できなかった(と云うよりも、し忘れた)城郭だった。

 

「今日もダメだ、日が暮れる...。」

 

上信越道佐久平PAで断念、ここから約180kmを一気に帰宅することに。

 

 

 

 

 

今回も家に着いたのは19:00を少し過ぎた頃。

佐久平PAから180kmほどを2時間ちょっとで走ってきたが、途中の渋滞はキツかった。

 

前半と云うか、都内(多摩地区)で由木城の攻略を漏らして引き返したのが一番影響したような気がする、その他はGPSロガーデータを見てもそれほど大廻りしているようなところは無かったし。

ただ、信州峠越えは予定外だった。ホントは清里〜野辺山を走りたかったんだけどな。

 

この日攻略した城郭は34城、またしても群馬県唯一の未攻略だった金山城を攻略できなかったのが悔やまれる。

かと云って、上信越道を(吉井ICで)一旦降りて金山城を攻略するとなると、あと30分以上は遅くなってしまっただろうし。

 

 

「次こそ普通のツーリング」...と思いながら、その反面「今度は前回攻略しきれなかった千葉の城郭を‘片付ける’か。」などと考えてしまう自分がいる。(笑)

それにしても関東には「城らしい城」がないなぁ... 「城らしい」って何が基準か自分でもよくイメージできていないけど。

 


 

 

 

 

最終更新:2017/01/03

inserted by FC2 system