勝手気ままなBike Touringの記録

【 No.59:埼玉県の全城郭攻略完了(笑) − 埼玉県内各地 − (2015年 4月30日)

 


 

 

前回の‘真田街道’ 14時間1人耐久で懲りたはずなのに、今度は千葉(房総半島方面)の攻略を目指す。 (笑)

 

千葉県の城郭は全部で97城、そのうちこれまでに40城を攻略し終えていた。

この日は残り47城の攻略を目指すことに。その大半が房総半島にある。

 

事前に計画した攻略ルートによる走行距離は約560km、計画の段階で前回(真田街道)の実走を上回ってしまう。

絶対に計画通りには行かない(予め決めたポイントで全ての攻略ができるとは限らない)から、実際には600km近くになるのでは?と云う懸念が最初からあった。言い換えれば「単なる無謀」というだけのことなのだが...。

 

 

 

 
 

 

 

 

8月中旬以降、スッキリしない天気と云うよりも、雨の日がやたらと多い。

丸1日晴天に恵まれた日が無いんじゃないかと思うほどだ。

 

この日は久しぶりに朝から青空になった。「快晴」とまではならないにしても、青空はホントに久々だし、予報では雨の心配も無さそうだ。

そして気温も日中の最高気温が28℃前後と、バイクで走るにはちょうど良い(多少暑い程度かも)気候だ。

 

日の出より少し前のam5:00に自宅を出発。

‘真田14時間耐久’(いつのまにかいい加減な名称を付けている)の時はam4:30に出発したが、この日の日の出はam5:16、am4:30の出発ではまだ真っ暗だろう。

考えて見たら後2週間ほどで秋分の日なのだから、このところ日が短くなっていると感じるは当たり前だ。

 

 

 

 

 

「実籾城」、「馬加城」、「小中台城」、「鷺沼城」、「高品城」を攻略した後、この日6城目となる「千葉城」を攻略。

そこそこ立派な天守閣が建っているが所詮は「模擬城」、つまりニセモノ。

 

 

「多部田城」の他、合計5城を攻略するために止まったファミリーマート千葉大●町店、「こんなに汚いファミマがあるのか?」と思うくらい内外とも散らかっている。

トイレを借りたけど、二度と寄ることは無いな...。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで千葉市内をウロウロ走り回って14城を攻略した後、「犬成城」、「大桶城」、「五井陣屋」を攻略するために小湊鐵道‘海士有木’(あまありき)駅へ。

以前訪れた ‘わ徹’ の駅を思い出させるローカル色満載な駅舎で、なんとなくホッとする気持ちになった。

 

 

 

 

 

 

攻略の途中で少し回り道して富津岬へ。ここに来るのはいつ以来だろう?

ここはまだ‘夏’の空気があるようで、山下達郎の ‘BIG WAVE’ を思い出させるマリンスポーツを楽しむ人達が。

 

 

 

 

富津岬まで足を延ばすまで22城を攻略し、次の「造海城」を攻略する前に、今度は‘鹿野山’へ立ち寄る。

房総半島に来たら鹿野山へ立ち寄ることは、最初から決めていたと同時に、なかなか房総半島に(ツーリングに)来る気になれなかったのも事実だ。

 

 

‘あの時’ から2年ちょっと、ようやく足を運ぶ気になったが、‘あの時’とは違う清々しい気候に違和感を感じる自分がいた。

 

この後、神野寺にお参りしてから麓に下り城郭攻略を再開。

 

 

 

 

 

攻略を再開して最初の城郭は「造海(つくろみ)城」、前方右の山の上にあったらしい。

 

房総半島...上総国と安房国には沢山の城郭があったようだが、城と云うよりも‘要害’ と云える所が多いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

「道の駅きょなん」でひと休み、そこにあった海の幸のお店(店名は忘れた)の前にあった看板の「釜揚げしらす丼」が目についてお昼はこれに決定。魚にすれば良かったかなぁ?と、他の人が食べているのを見て思ったりするのはいつのもことだけど、それほど空腹でもなかったし。

ちなみに味は、「まぁ美味しかった。」です。(笑)

 

 

 

 

館山湾。

 

逆光なこともあってあまり綺麗な色が出ないなぁ...。

 

 

 

 

館山湾沖に停泊中の帆船、演習か何かだろうか?

(デジタルズームx40で撮影)

 

 

館山城を攻略、この天守もニセモノ(模擬天守)

 

 
 

 閉じる


 

 

 

 

館山から東へ走り後半戦へ突入、今度は外房の海沿いを走りながら攻略を続ける。

内房に比べて外房には城郭が少ない。

内房は対岸に相模国があったから?

 

 

 

 

 

御宿海岸を遠くに望むところで14Rを停めてひと休み。

館山まで走って27城を攻略したのに、館山から50km以上走って攻略したのは「3」と云う少なさ。(笑)

 

 

30ん年ぶりに見る御宿駅、「こんなんだったかなぁ?」以前にまったく覚えてない.(笑)

 

 

 

 

 

御宿から内陸に入り、目指したのは「大多喜城」、これが32城めの攻略。

 

大多喜城は天守実在説、非実在説があるらしいが、この天守は1975年(昭和50年)に、1842年(天保13年)模写の三層天守絵図などを元にして江戸時代の一般的な天守を参考 に推定復元建築したものだそうだ。

なんとなく、忍城の御三階櫓に似ていると思うのは気のせいか?

 

 

 

 閉じる


 

 

 

大多喜城に到着した時刻が既に16:00過ぎ、綿密な時間計算をしていなかったのもあると思うが、ここまで来るのに約320km強と云う距離に対して予想外に時間がかかっている。

この日に攻略を計画した47城に対して、ここまで攻略したのは35城、残り12城を攻略するにはあと200km近く走らないといけない計算になる。何しろひとつひとつの城郭が離れているし、最後の城郭となるはずの森山城(攻略はJR成田線小見川駅付近を計画していた)から自宅までも100kmほどある。また、大多喜城の次に攻略予定だった「庁南城」までは28km、「とてもじゃないが廻りきれる距離じゃないな...。」と諦めることに。

計画段階では利根川沿いに走って帰宅するルートだったが大多喜城はまだ南房寄りの土地、「ここからなら圏央道〜アクアライン〜首都高経由で帰った方が早いはず」と考える。それでも約2時間程かかるだろうか?

 

 

 

 

 

大多喜城から西へ走り「久留里城」、「大戸城」、「真利谷城」を攻略、計画ではここから圏央道を利用して東へ走るつもりだったが、木更津東ICから西へ向かう。

 

アクアラインで事故があったらしく、木更津金田IC付近から海ほたるPA手前まで渋滞、おそるおそるすり抜けしながら進む。

 

 

アクアラインから湾岸〜9号〜6号〜川口線を抜けて東北道岩槻ICまで走る。

首都高は渋滞こそしていないものの、夕方の帰宅時間と重なったこともあり、ペースがあがらない。

 

 

 

 

 

家に着いたのは19:00を過ぎた頃。

大多喜城から120kmほどを2時間ちょっとで走ってきたから、まぁ良かったか。

 

帰宅後考えてみたら、47城を攻略するためにほとんど一般道で550kmを走ると云う計画が無謀だった、と云うか最近500kmが当たり前になりすぎていてマヒ?していたのかもしれない。(笑)

実際には、帰路の100km弱の高速を含む460kmでも、今回はなかなかしんどかった。ナビのルート選択を ‘最短距離’ にしていたせいで細かい道を走らされたせいかもしれない。(笑)

 

攻略し損ねた11城、自宅からは中途半端に遠方だが、いつ攻略し直そう?

翌週以降はけっこう予定が詰まっているしなぁ...。

 


 

 

 

 

最終更新:2017/01/03

inserted by FC2 system