勝手気ままなBike Touringの記録

【 No.58:ツーリング・デビュー支援再び!  − 茨城県奥久慈方面 − (2015年 8月12日)

 


 

 

中1日でツーリングと云うのは始めてかも...。(笑)

 

 

夏期休暇の数日前のこと。

「(Mi)ちゃんの初ツーリングに一緒に行きませんか?」と(Ta)さんから連絡をもらった。(Ta)さんは(Mi)ちゃんのお父さんだ。

 

(Ta)さんとツーリングに行くのもかなり久しぶり(2011年11月以来)だが、そんなことよりも、いくら(Mi)ちゃんを小さい頃から知っているとは云え 、「父娘(初)ツーリング に割り込んでしまうのもちょっとなぁ...」と躊躇していたが、結局同行?することに。

 

結果的には、予想外の長距離を無事に走りきり、楽しいツーリングとなったようなのでOKとしよう。

 

 

 

 

 

(6月下旬のEstllea納車時)

 

今年社会人になったばかりの(Mi)ちゃんが、どう云うきっかけでバイクに乗りたいと思ったのかは省略するが、彼女がバイクに乗ると云うのは「え?あの(Mi)ちゃんが?」と云うのが本音、そのくらい意外だ。

以前、父親の(Ta)さんも「うちの子供達は(バイクに)全く興味が無くて...。」と、うちの分身1号がバイクに乗ることをうらやましがっていた位だったし。

 

そんな(Mi)ちゃんが免許を取得し愛車 ‘Kawasaki Estllea’ を手に入れたのが6月下旬、それ以来「最大の遠出」は桶川のNapsだと云う。

あれ?どこかで聞いたような話だなぁ...。(笑)

なのに、お父さんは娘との初ツーリングの行き先を「安達太良山」と考えていたらしい。

 

 「まじ★すか?」 ←中丸クンかよ(笑)

 

いくらなんでもムリでしょ?(春日部〜安達太良山は往復500kmほど)

 

日程と行き先が変わり改めて誘いを受けたのが今回のツーリングとなったが、行き先は今度は八溝山だと云う。

八溝山でも往復300kmは優に超えるはず。きっと(Ta)さん完全に自分のペースで考えてるな...。(笑)

 

 

 

 

 

そんなワケで当日。

2日前に537kmを走った後中1日で走るとは思いもしなかったが、今回は「引率」だしノンビリだろうから...と考えていたら、「朝5:30集合でお願いします」と(Ta)さんから前日の連絡。

‘張り切ってるなぁ...’

ん? 張り切っているのは親か?娘か? たぶん親だろう。(笑) 

 

 

(Ta)さんと自分は無線機搭載、(Mi)ちゃんは受信のみで利用。自分の無線機は14Rになってから初運用だったりする。(笑)

 

 

 

 

 

am6:00前に出発、1時間弱ほど走り「道の駅まくらがの里こが」で最初の休憩。

 

宇都宮の先まで全線2〜3車線開通した4号BP、もてぎに行く時などはこんなことないのに、この日はやたらと車が多い。

...と思ったら、県外ナンバーが多いし、ペース(車速)もバラバラ、きっと帰省車だな...。

 

 

(Ta)さんが女性隊員を鍛える鬼軍曹に見えるのは気のせい?(笑)

 

 

 

 

 

一生懸命世話を焼くお父さんとお任せな娘?の図。(笑)

男ふたりの我が家とは少し違う親子の姿に、「娘だとこうなるのかなぁ?」と。

 

 

(Ta)さんの愛車はKawasaki 1400GTR

職場のバイク乗りの方々に外車乗りが多いらしく、以前はTriumphに乗っていたが、小さなトラブルが続いたことで「やっぱり国産車が良い」と、これに乗り換えたらしい。

 

自分がZZR1400に乗っていたことも多少は影響したのかな?

ただ、話によれば職場のバイク乗りの方々は大型ツアラー車が多い話は以前にも聞いたし、とにかく体育会系「弾丸ツーリング」的な乗り方をする様だ。

「街乗りもツーリングも」と云う自分の乗り方とは少し違うな...と云う感じ。長距離は楽そうだけど。(笑)

 

 

 

 

 

「おっとっと、こっちだった(汗)」に若干翻弄される(Mi)ちゃん

自分もナビを動かしていたんで「あれ? そっち?」と思うことが何度かあったけど、後ろからついて行くだけだから実はけっこう楽なんです。(笑)

 

 

2度目の休憩は「道の駅はが」

出発した頃はそうでも無かったけど、ジワジワと暑くなってくる。一昨日の方が涼しかったな。

 

 

 

 

 

3度目の休憩は「道の駅奥久慈だいご」、ここまでで既に140kmほど走っているが、(Mi)ちゃんは相変わらず飄々としている。

考えてみたら学生時代はずっと体育会系だった彼女、体力的には問題無いか。(笑)

 

ただ、慣れないクラッチ操作の連続で左腕が痛いとのこと。これは力と云うよりも慣れだからなぁ...。

 

 

 

 

 

 

 

出発から165km、この日の目的地「ぬく森の湯」に到着 、実は(男)親と娘のツーリングだから温泉は無いだろうと想定していたのだが、(Ta)さん温泉は外せないらしい。(笑)

ちなみにここの温泉、(Ta)さんは前にも来たことがあるそうだが、日本でも有数のアルカリ性温泉とのこと(Ph10.1)で、お風呂に入った瞬間からぬるぬる感がすごい。

 

ノンビリと温泉に入った後は昼食を済ませ帰途に。ルートは相変わらずお任せだが常磐道で帰るとのこと。なかなかチャレンジャー。(笑)

 

 

 

 

国道349号を南下後県道36号を走り、日立中央ICから常磐道に乗り最初の東海PAで休憩。

‘もしやR461(事故った道)を走る?’ と思ったが違った。R461を走ると高萩ICか日立北ICになるが、どちらも少し遠回りになる。

 

小さいEstlleaで高速を100km/hで巡航するのはちょっと大変だろうな...と思ったが、やはり60km/hを越えると振動が強くなり腕に負担が掛かると(Mi)ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

上り車線なので帰省とは関係無いと思うのだが、その割りに交通量が多い気がする常磐道、そんな中をどう見たって3台連んで走っているのは判るはずなのに、無理矢理(としか思えない)間に入ってくるバカヤロウや車間を空けず後にベッタリ張り付くアホ野郎がいるのには閉口、きっと流れと空気が読めない「ウルトラホリデードライバー」だろう。

そんな奴等をブロックしながらひた走る。

 

 

 

 

千代田PAで高速2度目の休憩。

(Ta)さんが無線で「休憩しましょう」と。東海PAを出発し40分も走っていないのだが...、と思ったら「眠くて...。」(笑)

確かに1400GTRであのペースでは眠くなっても仕方ないよなぁ。

 

 

空がどんよりしているので雨雲レーダーを見ると水戸の辺りは豪雨の表示、通過後で良かった...。(この日は雨装備無しで行った。)

 

 

 

 

 

17:30頃、無事(Ta)さん・(Mi)ちゃん宅に到着。

途中でちょっとだけパラパラと雨が降ってきたけど、本降りになることなく帰宅できた。

 

女の子ライダーが初ツーリングで320km超、さらに高速も100kmほど走ってしまうと云う、出発前は考えられなかった、かなりチャレンジャーなツーリングになったけど、(Mi)ちゃんよく頑張りました。

帰宅後は緊張感から解かれたのか、クラッチワーク疲れで左腕がかなり痛くなったようだけど、楽しんでもらえたのと、「後ろにいてくれたので安心できた」と云ってもらえたの で良かった。

 

自分はと云えば、特に何も考えず最後尾をノンビリ走っただけ。(笑)

 「ウィンカー消し忘れてるよー」

 「もう少し前の車との車間距離を空けようね−」

位だったかな?

おかげで14R最高平均燃費を記録しました!

 

ちなみに一番疲れたのは間違いなく父親の(Ta)さん。

道は気にしなくちゃだし、後ろを気にしながらペースを作らなきゃだし、娘のライディングは心配だし...。

 「次は2人で行きましょう!」

だそうです。(笑)

お疲れ様でした!!

 

 


 

 

 

 

最終更新:2016/09/17

inserted by FC2 system