勝手気ままなBike Touringの記録

【No.52 : ‘GWと云えばやっぱり八ヶ岳?’ − 長野県南牧村方面 −(2014年4月27日)

 


 

 

 

寒い冬もようやく終わりを迎え、春がやってきた。

春のツーリングと云えば八ヶ岳である。

...と決めていたワケではないが、弐号機カエル号で八ヶ岳方面を走りたくなった。

 

 

八ヶ岳の(東側)山麓...野辺山界隈は何度か行っているし走り慣れているルートでもあるので、今回はナビ のルートをセットせずカンで走る事に。

‘カンで走る’と云うのも少し大げさだけど、予めセットしたナビのルートに従っていると、まるでレールの上を走るような気分になってきたので、今回は地理感もあることだし、と思って。

そしてさらに、まっすぐ信州に行くのもおもしろくないので少し回り道?をして行くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨年に分身1号と行った時にはam5:00前頃に出発していたので今回も...。

少し寝坊してオマケにG.Sに廻ってガソリン入れて、なんだかんだで予定より30分以上遅くなったかも...。(笑)

 

国道16号→国道299号といつものルートで秩父に向かう。道も空いていて快適な反面、特に299に入ってからとにかく寒いと思ったら、14Rの外気温計は正丸付近で8℃を表示。

秩父市内に新しくできた24Hオープンのマックが天国に感じたのは云うまでもありません...。(笑)

 

 

 

 

 

 

朝マックで暖を取った朝食を済ませた後、秩父からさらにひたすら国道299号を西へ走り、am8:30頃「道の駅上野村」に到着。

志賀坂を抜けて上野村までの道は、芦ヶ久保付近を走っていた頃に比べれば寒さが和らいできた。

 

上野村を出て30分ほどしか走らないうちに、「道の駅なんもく」で休憩...って云うかトイレに寄りたかっただけ。(笑)

 

それにしても、国道沿いでも無い山奥にこんな綺麗な道の駅があるのもちょっと不思議な感じ。

 

 

 

 

 

 

これはいったい何が撮りたかったんだろう? 

「道の駅なんもく」を出て少し走った辺りなんだけど、サッパリ覚えてません...。(笑)

 

自宅から秩父→志賀坂→上野村→南牧村を経由して、つまりひたすら一般道で下仁田まで走り、そこから県道196号‘旧妙義有料道路’を走 り、「道の駅みょうぎ」に到着。

この道も一昨年の秋に分身1号と走った道だけど、あの時は紅葉の時期だったので観光客車で混んでたっけ。

 

ツーリングとは関係ないけど、AP予選で転倒してしまった原田さんが両脚を痛め決勝を欠場することになったのを知ったのは、ここでFBを見てだった。

 

 

 


 

 

 

 

今回のツーリングで一番‘走りたかった’のが、国道18号「碓氷バイパス」。

この道、そこそこハイスピードなコーナーが連続する快適な峠越え?の道で、バイクでは一度だけ下り(軽井沢→横川...東京に向かう‘上り’じゃなく、‘峠を下る’です。)を走った事があるけど、その時はバスだったか遅い車に引っかかってのんびり走行になってしまった。

今回は上り(横川→軽井沢)で登坂車線もあることだし、きっと‘楽しいペース’で走れるだろうと期待して行ったら、まさに期待通り楽しく走れてあっという間に軽井沢へ。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

長野県、山梨県に「チェーン店」で展開されている‘ハッピードリンクショップ’

2県内にいったい‘何店舗’あるんだろう?

軽井沢を過ぎてしばらく走ったところで見つけたけど、何も買わず写真だけ撮って終わり。(笑)

 

佐久市内で。

 

満開を過ぎた時期とは云え、まだ桜が咲いてるんだなぁ...。

 

 

 

 

 

 

毎度お馴染みのJR野辺山駅前、相変わらず(観光)客もまばらでひっそり...。

 

JR野辺山駅のホームを覗いてみる、...って別に何も無い殺風景な駅なんだけど。

この駅を利用したのは学生時代に一度だけだなぁ...。

 

 

 

 

 

 

これが撮りたくてここまで来た!

(前に来た時はこんな感じ

 

 

 

 


 

 

 

 

今回の2つ目の目的、‘八ヶ岳をバックに愛車の写真を撮る’が達成できたので とりあえず満足。ただ、快晴が続いているせいか、少し霞がかかってしまっているのがちょっと残念かな?

 

最初に書いた通り、今回はナビのルートをセットしていないし、事前に「走行計画」的なこともまったくしていないので、時間も‘行き当たりばったり’的。そして朝マックを食べてからだいぶ時間も過ぎてお腹も空いてきた...。

 

 

 

 

 

 

 

お昼は何処でも良かったんだけど、何となく以前にも入ったことがある「レストラン最高地点」と云うなの蕎麦屋さん。

改めて思うんだけど、誰のネーミングなんだろ?

 

そして食べたのも前と同じ「天ぷら蕎麦」(笑)、タラの芽の天ぷらが美味しかった。

 

 

 

 

 

 

甲府へ抜ける国道141号から1本外れた県道605号

ツーリングマップルに「国道渋滞時の迂回路」と書かれていた道を走るはずが、山の中へ迷い込んで...。

 

ようやくまともな道に...と思ったら塩川ダム。

‘クリスタルライン’とは名ばかりの荒れた林道で山一つ超えてました...。

 

結局1時間ほどのロスをして、清里からまっすぐ国道141号を走るのと同じ場所まで戻るハメに。

 

写真は国道20号甲府バイパス合流地点で見えた富士山。

 

 

 


 

 

 

 

まさかこんなところで道を間違えるとは...的なロス、そして甲府市内(国道20号)は予想通り混雑にハマり、朝の寒さはどこに行ったやら的な暑さも加わって少々お疲れ気味、惰性で走っていたかも...。

今回は「一般道で」と予め決めていたからなんだけど、それにこだわらず高速使えば良かったと、後になって後悔...。

 

 

 

 

 

 

 

‘ようやく’「道の駅花かげの郷まきおか」に到着、疲れました。

 

ジャケットのインナーを外せばたぶん暑くはないんだろうけど、それもめんどくさくてそのまま走り続けたのが失敗だったかなぁ...。

 

そしていつものようにオヤジ、スイーツを食らうワケで。(笑)

これは、白桃だったかな? 予想通り?予想以上に?気温が上がったせいもあって妙に美味しかった。

 

 

 

 

 

 

一般道路のトンネルとしては最長6,625mの雁坂トンネル。

このトンネルを挟んで山梨県側はすごく快適な国道なのに、埼玉県側は険しい山道なんだよなぁ...。

 

久しぶりに‘現金で払う’有料道路、ETCに慣れきってるせいか、ちとめんどくさい...。

 

埼玉県側はまだ雪が残っていた。2月の大雪の時の残雪なのだろうか。

そう云えば、埼玉県側はしばらくの間大雪の影響で通行止めになっていたなぁ...。

 

 

 

 

 

 

国道140号を、あえて旧道へ。

‘埼玉のマチュピチュ’と誰かが例えた秩父市(旧大滝村)栃本地区、何度見てもよくこんな斜面の土地で人々が(今も)生活しているな...と思ってしまう。

 

ようやく秩父湖...と思ったら薄暗い1車線交互通行三叉路トンネルは閉鎖され、それを巻き込む様に道路が出来ていたのにはちょっと驚き。

(青い標識の後ろが二瀬ダム側トンネル入口...閉鎖されていた。)

 

 

 

 

 

 

去年のGWに秩父を走った時に通過してしまった三峰口駅前に到着。埼玉の一番山奥にある駅って云うこと以外、何も無いんだけど。(笑)

 

駅舎の入口付近でやたらと鳥のさえずる声がするな...と思ったら、ツバメの巣があるらしく、鳴いていたのは子ツバメでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

日が暮れる前に帰宅したかったんだけど、家に着いたのは19:30頃になってしまいました。三峰口駅からノンストップで2時間ちょっと、途中で止まる気にもならなかった...。

 

やっぱり、あの‘クリスタル・ライン’が失敗。帰宅後に地図を見たら、‘本当の’クリスタルラインはもっと先の区間だったみたいだし、杉の枯れ枝とかで轍が出来るような道を14Rで走るのは非常に疲れます...って去年もZZRで同じようなことしてたような...。(汗)

 

まぁでも、朝マック迄の寒さを除けば、GWらしい気候の中を走る事が出来たので、まぁ満足かな。

 

 

 

後半、シフトチェンジがかなり渋くなってしまった。

オイル交換しなきゃだな、納車からまだ2,000kmにも満たないけど。

 

 

 


 

 

 

 

(改版:2016/09/22

 

 

inserted by FC2 system