勝手気ままなBike Touringの記録

【 No.51:奥武蔵ぐるぐ...あれれっ?! − 埼玉県秩父方面 −(2014年3月22日(土))

 


 

 

この日、自分以外の家族はみんな仕事、これはどこか行かないと!

と云うワケで、今年2度目のツーリング。

 

山に行くか、海に行くか。

なんとなく、‘軽く’山道を走りたかったので、なじみのある奥武蔵方面へ行くことに。

 

先週、秩父の山々を見た時、思いの外‘白かった’けど、大丈夫かな?

でも、標高1,000mを遥かに超える清里も一般道の路面は乾いてたし、大丈夫だろ?

 

そして‘軽く山道を’には、もうひとつ理由が。

 

 

 

 

 

 

am8:00過ぎに自宅を出発、まずは道の駅「おがわまち」まで移動。

 

前日(3/21)は風が強く寒い1日だったけど、この日は...やっぱり風が冷たいじゃないか!

 

 

 

ちょうどam10:00頃に着いたんだけど、イベント?の準備をする人達は強い風に煽られるテントを張るのにひと苦労。

 

 

 

 

 

小川町から定峰峠へ。

この日は(この日も?)バイクよりチャリダーが多い。

バイクで走るにはちょっと狭い峠道だからなぁ...。

 

 

これは、定峰峠を越えて秩父盆地側へ少し下ったところで。

両神山をはじめ奥秩父の山々が綺麗に見えました。

 

 

 

 

 

 

 

約1ヶ月前、記録的大雪に見舞われた秩父地方、定峰峠界隈も北斜面や日陰にはまだまだ雪が残っているし、風も強くて予想外に寒いし...。

 

学生の頃、アルバイトをしていたで働いていた秩父のキャンプ場に、春の開設準備に来たときに大雪に見舞われ、開設準備どころか連日雪かきに追われた覚えがあるけど、あの時麓の秩父市街等はどうだったんだろう?...なんてことを思い出した。

 

 

 


 

 

 

定峰峠を下りきる手前で右折、県道82号を北上。

3年半前に走った時と逆側から、秩父高原牧場に登ってみるルート。だけど大型ツアラーには向かない道だったっけ。(笑)

 

 

 

 

 

予想外に寒いからトイレも近い...ってトイレの前で写真撮らなくても良いだろ?>自分。(笑)

 

皆野町の外れにある公衆トイレ。

この写真を撮った後だったかな?建設業のお兄ちゃんがトラックから飛び降りるようにしてトイレに駆け込んでたのには笑った。

間に合って良かったね。(笑)

 

 

 

 

そこそこ綺麗に撮れるiphone4sのカメラ、でも逆光にはてんで弱くて、右の写真もだいぶ補正してます...ってそんなことは良いけど、約3年半ぶりの釜伏峠。

 

前に来たときより綺麗になってるような気がするなぁ。

そしてようやく、少しだけ暖かくなってきたような気がする...。

 

 

 

 

 

 

釜伏峠から南下し二本木峠に到着、季節柄、殺風景なのは当たり前。(笑)

 

 

このあたりは山つつじで有名らしい。

GW頃が見頃と云うことなので、その頃にもう一度ノンビリ来てみようかな? ‘芝桜’みたいなことは無いだろうし。(ハイカーは多そうだけど。)

 

 

 

 

 

「ここは埼玉なのか?」とFBに投稿してしまった風景。

 

(二本木峠〜秩父高原牧場間)

 

 

 

 

秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)に到着。

景色は良いけど、やっぱりまだ寒々しい。(笑)

 

 

食事処や売店等は4月以降の土日のみ営業とか。

農産物か何かを販売する売店のみ営業していたようだけど。

 

 

 

 


 

 

 

秩父高原牧場から小川町側へ下ってもう一度定峰峠を超えるルートを走る、まさに‘奥武蔵ぐるぐる’。

道路上に雪はないけど、路面状態がもう少し良ければなぁ...。

 

 

 

 

 

秩父高原牧場から県道11号へ下りきった所で、サスのセッティングを換えてみる。

この日はリアサスの伸び側を最も柔らかく設定。

 

右へ回すと堅く、左へ回すと柔らかくなる。(設定範囲:0〜2 3/4回転、初期値は右から2回転戻し。)

 

 

ド素人の自分でも判るのだろうか?

 

 

 

 

 

再び定峰峠を越えた後、国道299号へ出て道の駅「果樹公園あしがくぼ」へ。

相変わらずここはライダーが多い所、そしてここで昼食。

若干凍えた?身体には、ただ単に暖かい肉うどんが美味かったりするワケで。(笑)

 

 

道の駅正面に見える芦ヶ久保果樹公園村。

本来ならイチゴ狩りのシーズンなはずだけど、やっぱり雪害の影響が大きいのかなぁ?

 

 

 


 

 

 

お腹も身体も温まりました。

次は、正面の山を登り奥武蔵グリーンラインを走るつもり。相変わらず大型ツアラーにはあまり向かない道だけどね。(笑)

 

果樹公園村内を登る急な坂道を走ってるとき感じたけど、初号機の時は「グリグリグリ...」感じで捩るように廻った低回転域が、弐号機‘カエル号’では、拍子抜けしそうなくらい普通に?なめらかに廻るのには少し驚き。

 

 

 

 

 

 

丸山林道、さっきの定峰峠界隈より雪が多く残ってるぞ...。

 

 

 

昔々、走り屋が出没した頃作られた障害物。

バイクには「魔物」とした思えません。殺す気か?

 

そして‘野活’入口に到着。

ここは日当たりが良い南向き斜面だから残雪もほとんど無い...。

 

 

 

 

ふり返ると‘通行止’

マジっすか?

ウソでしょ?

 

路面凍結はいくらなんでも無いだろ?(安易)

 

騙された...。(怒)

 

路面凍結どころか、路面補修でアスファルトが剥がされた上に積もった雪が解けて路面はヘドロのようにドロドロ

もちろんカエル号の足回りもドロドロ...(大泣)

 

 

 


 

 

 

仕方なく、来た道を引き返しダラダラ走りの国道299号を経由して帰宅することに。

 

 

 

 

あまりのダラダラ走り(ホントは目の痒み)に絶えきれなくなり、西武秩父線東吾野駅前でひと休み。

駅を利用するハイカー達の「(バイクで)何しに来たの?」的冷ややかな目線が...。

 

(絶句中...。)

 

 

 

 

 

16:30より少し前に帰宅。

久々のソロ・ツーだったのに‘なんだかなぁ...。’で終わってしまった。

サスを弄ったこともいつの間にか忘れてたし。忘れていたくらいだから劇的な変化も無かったんだろうけど。

 

この後、日が暮れる頃まで足回りを必死に掃除したのは云うまでもありません。

マフラーに‘焼き付いた’泥汚れが落ちないのにはちょっと焦ったし、ラジエターにこびりついた泥汚れが落ちきらないのにもマイッタ。

高圧洗浄機があればなぁ...。

 

 

 

次はもっとまともな道を走ろう。

 

 


 

 

 

 

(改版:2016/09/22

 

 

inserted by FC2 system