勝手気ままなBike Touringの記録

【 No.50:‘リベンジ’ツーリングは那珂湊  − 茨城県ひたちなか市方面 −(2014年3月9日( 日))

 


 

 

 

2014年初のツーリング。

昨年9月に事故を起こし愛車を失って以来、約5ヶ月半ぶりのツーリングである。

事故を起こさなかったら、あの日以降どのくらいツーリングに行っていただろう?と考えてみたが、もちろん答えがあるワケなど無い。

 

弐号機‘カエル号’が納車されて間もないと云うこともあって、今回のツーリングは全くの想定外。

全開(事故ってしまった時)も一緒だった繁さんが

 

 「3月9日にまったりツーリング行きましょう!(^-^)大洗です。

 

と、声を掛けてくれた。

危うく義祖母・義叔父の墓参り(ずいぶん早い彼岸だなぁ...。)と重なり行けなくなるかと思ったが、幸いにも墓参りは土曜日になったので ‘まったりツーリング’ に参加することに。

 

 

ちなみに、カエル号の納車に合わせて購入したGARMIN/nuvi2462plus。

nuviシリーズの中では最もベーシックなモデルのひとつになるけど、コイツがなかなか優れモノで、ナビ内に記録した走行軌跡をPCで読み出してルートラボやGoogle Map上に表示することが出来る。(右のマップもこれで表示。)

他にもいろいろ機能がありそうだけど、何しろショップの手違いで入手したのがツーリングの前日になってしまい、基本的な機能を押さえるのが精一杯。

ま、今回は人任せのルートなので軌跡が記録されればOK。

 

 

 

 

 

 

当日朝

とりあえず寒い、想定以上に寒い。それに天気もスッキリしない。

小雪がちらついたLIRICAからの帰り道よりも寒い気がするので、久々におばはんパンツ、いやオーバーパンツを履く。

 

出発前に、前から何となく気になっていたサスをチェック、初期状態に戻す。

どうやら前のオーナーは前後とも、伸/圧の両方を1〜2段ずつ堅めに振っていたようだ。

LIRICAからの帰りに感じた違和感はこのせいか?と知ったかぶりをしてみる。

 

サスのチェックに手間取るかと思ったがあっさり終わってしまったので、am8:30より少し前に自宅を出発。

小山駅近くのGEL'S BAR前にam10:00に集合と云うことだけど、少し早過ぎるな、きっと。

 

 

 

 

 

やはり早過ぎた。

遅刻よりは良いか。(笑)

 

この日の参加メンバーは、

  繁さん:GSX-R1000 ← 最近またハヤブサに乗りたいらしい

  高平さん:GPz900R ← ‘怪物バイク’by保坂さん

  黒川さん:ハヤブサ ← 実は何気に金かかってる

  松本さん:ハヤブサ ← 新車?!にヨシムラのレーシング管

  保坂さん:ハーレー  ← ハーレーには珍しい?マジョーラ・カラー

  しのさん:ヨンフォア ← こちらはヨシムラの復刻管

  そして自分:カエル号14R

の合計7台、松本さん、しのさん、保坂さんはお初のメンツ。

 

ちなみにしのさんのヨンフォア(CB400F)は、前日に限定復刻版のヨシムラ管を装着したばかりだそうだ。

 

 

 


 

 

 

“まったりツーリング”...出発前のルート説明 by繁さんによれば、途中の‘ビーフライン’で走りを楽しむらしい。ビーフラインって初めて聞いたけど、近くに牧場か何かあるところを走るのか?

 

小山を出発して国道50号をひたすら東へ。‘会長’高平さんは走り出して早々に臨時停車、「どうしたのかな?」と思いきや、爆走で銭湯へ復活。(笑)

そしてこのまま道なりに走れば...なワケは無く、笠間市街手前で国道50号を外れ‘ビーフライン’へ。後でググってみたら、ビーフラインはローカルなツーリング・ルートらしい。確かに、標高こそ無いけれど、アップダウンのあるなかなか‘ハイスピード’な道、走り慣れればおもしろいかも。

 

そのビーフラインに入るやいなや、先行する3車はミサイルの如くさっさと消え失せ(笑)、こっちは のんびりマイペースで...と表現するにはビミョウな速度域だけど、ムチャしない範囲でペースを上げて行く。

けれども、やはし最初は心身ともゴチゴチ感たっぷり。もっとコイツ(カエル号)を走らせてこのゴチゴチ感を解消しないと。

 

ちなみに、最近‘新ブサ’に乗り換えたらしい松本さんはナゼか自分の後ろを抑え気味に追送。ホントはもっと走る に違いないハズだ、たぶん。

 

 

 

 

 

城里町の物産センターに到着。今回の‘走り屋区間’はここまでらしい。

いきなり‘なかなかのハイペース’で、のっけから少し疲れました、ワタシ。(笑)

 

 

ビーフラインはアップダウンのあるルートだったので、自分の一番の課題はやはり【減速】にあることを改めて痛感、特に下り坂での減速は平地での減速に対して+50%増、いやもっとかも。

カエル号はABS車なんだから、もっと思いきって減速しても(ブレーキをかけても)大丈夫なはず。

だけど、減速に自信が無いから加速も中途半端で、きっとメリハリの弱い走り方をしてるんだろうなー、と考えてみる。

 

それでも、走っているうちに少しは腕の力、身体のガチガチ感が少しずつ解れていくのは自分でも判って、後半は‘多少’楽しく走れたかな? いや、まだですきっと。

いろいろ理屈を考える以前に、まずはもう少し腕の力、全身の力を抜いて走る...なんて考えてるとまたどこか走りたくなってくる。

 

 

 

 

物産センターと云ってもトイレを利用しただけだから、何が物産なのか分からないが、とにかくその物産センターを出発、程なく水戸市街地にさしかかる。当然ながら交通量も増え、まさに“まったりツーリング”である。

...と云うか、那珂湊に近づくにつれて今度は鬼渋滞、バイクだからすり抜けで前進できるからまだ良いが。

それにしても、一般道でのすり抜けはやっぱり疲れる。

 

そんなワケで渋滞の車を横目に、那珂湊おさかな市場に到着。大洗じゃないじゃん!(笑)

前回来た(平日に仕事をサボって来た)時とは大違いの賑わいだ。

 

 

 

 

 

 

「森田水産」と云うお店の回転寿司で昼食、当たり前だけどここも渋滞、いや順番待ちの列。

相変わらず繁さんのトークがおもしろくて、「黒川さん、並ぶのキライだから外で待ってるって。順番が来ても放っておこうか?」(笑)

 

個人的には丼物が良かったなぁ...でも、普段見ないネタもあったりして美味しかったから良いか。

そして黒川師匠は「ツナギのファスナーが締められない」と、インナーとして着ていたウィンドブレーカーを脱ぎ出す。

レーシング・スーツだから仕方ないんだろうけど、やっぱり太ったのかな? 前はそんなこと云ってなかったハズだけど。(笑)

 

 

 


 

 

 

おなかも満足して店の外に出ると、14:00を過ぎるというのにまだまだ混雑しているおさかな市場、この時間になっても日帰りバスツアーらしき観光バスがやってくる。

お土産を買おうか迷ったけど、バッグも無いしまた来れば良いかと、この日は特に何も買わず出発。

カミさんに「ごめん」とメッセ送ったら、後になって「大洗産の干物を買いました。」と。(ォィォィ

 

 

帰りは「高速で一気に栃木まで」と云うことだったが、ナゼか阿字ヶ浦を経由しひたち海浜公園ICから高速に。阿字ヶ浦の海がキレイだったけど、「繁が先頭だと停まらないよなー。」と後で誰かが話していた通りだった。(笑)

 

 

 

 

リッターマシンと一緒に走るから、常に?全開走行を強いられるしのさんのヨンフォア(CB400F)が給油して戻ってくるのを待つオッサン達の図。

...ってカエル号もそろそろ給油したい頃なんだけどな。

 

 

それにしても、しのさんのヨンフォア&ヨシムラ管の組み合わせがサイコーに良い音を奏でるのには驚き。

特に全開で加速する時の音は惚れ惚れする官能的なサウンド、‘ホンモノ’のヨシムラ管に換えたヨンフォアのエンジンは、今までのくすぶりがウソのように快調らしく、40年近く前の車両('78年型と云っていた)にも関わらず北関東道で制限速度をけっこう超える速度で順調に巡航、スゴイ!のひと言。

 

 

 

 

 

 

後の休憩(のハズだった)北関東道笠間PAまで一気に走る。

Nuviは走行軌跡と同時に様々な走行データも記録するんだけど、最高速は○★△km/hを記録、もしかしてみんなターボでも付いてるの?(汗)

それにしても、今回は修理に出している革ジャケットじゃないから、高速でのバタ付きがけっこうキツい。早く修理から上がってこないかなぁ?ライコランドさん、頼むよ!

 

 

そして、北関東道を上三川IC(上三川は‘かみのかわ’と読むんですね、知らなかった。)で降りて、繁さんだけたぶん自宅のあるそのまま栃木市へ、他のメンツは道の駅しもごうで最後の休憩&解散。

夕方だと云うのに、ここもやけに混んでるな...。

 

 

午前中は曇りがちでガチ寒かったけど、お昼前頃からは晴天になり寒さも和らいで楽しいツーリングになった。

ここから自宅までは約1時間、気を抜かずに気をつけて帰ろう。

 

 

 

 

 

17:30過ぎに無事帰宅。

 

 

今年初のツーリング、改めて声をかけてくれた繁さんを初め皆さんに感謝です。

寒かったけど楽しかったし、やっぱりバイクライフを止めなくてホントに良かった。そしてまた走りに行きたいと思う。ソロでも、マスでも。

しかしまぁ、どこがまったりなんだよ?(笑)

 

 

ちなみにこの日のカエル号の平均燃費は見ての通り15.7km/L

初号機より少し悪いのかな?と思ったけど、考えてみたらこの日はスロットルの開けっぷりが半端なかった...。(苦笑)

 

 


 

 

 

 

(改版:2016/10/09

 

 

inserted by FC2 system