勝手気ままなBike Touringの記録

No.35:奥利根ゆけむり街道だけじゃ満足できない?   − 群馬県片品〜水上方面 −(2011年6月19日(日))

 


 

 

6月11日(土)に計画していた水上方面へのツーリング。

計画当初は冬期通行規制解除直後の酷道352号を走りたかったんだけど、今年は残雪が多らしく解除は6月下旬になる とのこと(例年は6月10日前後)で泣く泣く断念...。(←ちょっと大げさ)

 

その代わりとして、水上方面...‘奥利根ゆけむりライン’に計画変更、けれども前日から雨で結局中止に。

一緒に行く予定だったトラ(Triumph)乗りの(Ta)サンは、5月末に大雨の中を強行した自社のバイク仲間(専務が大のバイクバカとか(笑))のツーリングで、自前のレインスーツが‘耐久テスト不合格’となってしまったとかで、きっと雨のツーリングはこりごりだったんでしょう。(笑)

 

せっかく「綿密な(?!)計画」を立てたのに、実行できなければなんだか拍子抜け と云うか、計画した意味がありません。そして計画したら実行しなければなんの意味もありません。(ん?)

そんなワケで、翌週末の6月19日(日)にソロ・ツーで行くことに。

 

本当は6月18日(土)に行きたかったんだけど、この日 もやっぱり天気が悪くて、予報では翌日(6月19日(日))の方が晴れそうだったので18日に。

そして「綿密な計画」を立てたワリには、直前になって予定ルートをあっさり見直してました。ソロ・ツーだし、まぁそんなモンです。(笑)

 

 

ちなみに、休日の高速道路料金の上限¥1,000はこの日で終了。

震災復興財源を確保するためらしいから仕方ないとは思うけど、実際に始まってみるとあちこちで混乱が起きているみたいで、民○党の‘詰めの甘さ’がここでも露見しちゃってましたねぇ...。

 

 

 

 


 

 

 

そんなワケで6月19日(日)当日、 天気は曇りで少し肌寒い感じ。

そして雨の降りそうな気配はとりあえず無いし北関東方面は晴れるとの予報、気象予報士の皆さんとYahoo!天気、そして日本気象協会の云うことを信じてます。でも念のためレインスーツは持参。(笑)←信じてないじゃん。

 

前の晩、なんだか寝付きが悪かったせいか目覚めも良くなかったけど、いちおう計画通りam5:00に出発。

 

 

 

 

「いつもと違った角度で撮ってみよう」

...って何だか今イチって云うより変だな、これ。(特に意味はなく「天気はこんな感じ」って云うのを表現したかったつもり。)

 

国道122号を北上し羽生のG.Sで給油。

「あれ、いつも給油するG.Sと同じ系列だ。」と思って入ったのにナゼかプリペ使えず。

これじゃあここに停まった意味無いじゃん!

 

 

 

 

バイクを腹一杯にしたら次は人間の番、いつものように途中のマックに寄って

 ‘ソーセージエッグマフィンのセット、飲み物はホットコーヒーでお願いします。’

を食べ、そして道の駅「くろほね・やまびこ」まで移動。

 

前に来たときはオヤジライダーがいっぱい居たけど、この日はナゼかチャリダー以外誰もいません。そんなに早い時間でも無いのになぁ。

 

「くろほね・やまびこ」の少し先を左折、赤城山の東側を回り込む(群馬)県道62号「沼田大間々線」 を走ります。

「路面さえ濡れてなければなぁ...。」←半分トラウマ。

 

 

 

 

薗原ダムの手前まで来ました。

地元の方々が道路際などの清掃活動に勤しんでいたので‘出来る限り’静かに通過。

 

「お?何だか天気が良くなってきたか?」

実はスモーク・シールドを装着しているのでよくわからなかった。(汗)

 

 

 


 

 

 

赤城山を左手に見ながら(って木々であまり見えなかったけど)ひたすら県道62号を走りきり、次はいよいよ 群馬県沼田市から始まる(終わる?...起点はどっちなんだろ?)「奥利根ゆけむり街道」 へ。

 

 

 

 

沼田市側の‘末端’と思われる国道120号‘下久屋’交差点。

「あれ、川場スキー場に行く道じゃん!」

 

道の駅「川場田園プラザ」に立ち寄り。川場には(車で)何度も来てるのに、ここは初めて。

ずいぶんキレイな道の駅だなぁ...。

 

 

 

 

(たぶん)奥日光の山々です。

「計画を変更しなければ」あの山の中の道を走ってたはず。(笑)

 

「ん?ハイジの里?」

帰宅後調べてみたら「ドッグワンダーランド ハイジの里」だそうで。

どうせなら「パトラッシュの里」とかにすれば良いのにね。(大きなお世話)

 

 

 

 

 

どこで見かけたか忘れたけど(たぶん国道120号から国道401号へ分岐して 少し走った辺りじゃなかったかな?)、この道路が「奥利根ゆけむり街道」である、まさに証拠物件です。(笑)

 

 

国道120号と国道401号の分岐から先は約3年前に走ったことのある道なんだけど、この辺りはナゼかあまり覚えてないなぁ...。

 

 

 

 

やっぱり来た甲斐ががあったなぁ、と思って停まってみた。

 

 

‘まだ’新緑がまぶしいです。

 

 

 

 

 

坤六峠に到着、ここまで(上の写真を撮った時以外は)一気に走ってきてしまいました。

そう云えば「宮田キヨノさん」は見つかったのかなぁ?(汗)

 

坤六峠〜洞元湖間の‘奥利根水源’には、こんな感じの小さな滝がたくさんあります。

 

 

 

 

水が豊富でなかなか良い感じなんだけど、このデジカメ(FinePix F80EXR)はダイナミックレンジが広いからなのか、やたらとコントラストが強い気がする 。

 

「え、マジ?」

お昼はここで食べようと思ってたんだけどなぁ...。

 

洞元茶屋は閉鎖されてました。左側の庇の一部は壊れかけていて、直す雰囲気も無く...。

 

 

 


 

 

 

奥利根ゆけむり街道もそろそろ終わりです。

なんだか、前に来たときよりあっさり終わっちゃったなぁ...、でも往復して‘走り込む’ような道でもないしなぁ...。

 

 

 

 

水上駅まであと数kmのあたり。

‘なんだか素朴な家で良いなぁ...。’と、信号待ちの間に撮ってみた。

 

道の駅「みなかみ町水紀行館」に到着。

ここに来た一番の目的は昼食だったんだけど、大したメニューが無くて...。

そして、暑いっ!

 

 

 

 

 

偶然見ることができた「快速SL C61復活号

なんだか、偶然SLを見ることが多いなぁ...。

 

Wikipediaによれば、牽引するC61型蒸気機関車は、伊勢崎市内で静態展示されていたものを復元し、6月5日(土)から走り始めたばかりだそうです。

かなりラッキーだったかも。(笑)

 

 

 


 

 

 

ここまでは考えていたルート。

ここから先は、水上についてから思いつきで決めたルートです。(笑)

 

 

 

 

震災復興のため高速道の休日上限¥1,000はこの日で終了、ちょっと残念だけど仕方ないですね。

 

関越道水上PA、つまり関越道/関越トンネルを通って新潟県へ向かいます。

 

 

 

 

震災復興のため高速道の休日上限¥1,000はこの日で終了、ちょっと残念だけど仕方ないですね。

 

関越道水上PA、つまり関越道/関越トンネルを通って新潟県へ向かいます。

 

 

 


 

 

 

ここで、デジカメのバッテリーが逝ってしまいました。(汗)

「ま、今日いっぱい位は大丈夫だろ?」、FinePix F30のバッテリー(撮影可能枚数なんと700枚分)に比べてF80EXRのバッテリーは約1/3以下だったことを忘れ、ちゃんと充電してなかったのが 失敗の原因。

おまけにこの日は携帯も忘れてしまい、三国トンネルに差し掛かる前あたりから後の写真が全く撮れませんでした。参ったなぁ、もうっ!

 

 

 

 

 

三国トンネルを越え、猿ヶ京温泉にある「まんてん星の湯」で日帰り温泉+のんびり昼寝。

お風呂はとてもキレイでお湯はクセが無くて、ただし‘暖まる’のが早い感じがして、気がついたら汗だく。(笑)

そして入浴後の昼寝はたぶん15分かもう少しくらいだったと思うけど、気持ち良かったなぁ。(笑)

 

ゆっくりのんびりして昼寝からすっきり目覚めたところで、帰りは関越道月夜野ICから北関東道〜東北道を経由して一気に帰宅 。

到着は予定より少し早い18:00少し前。

 

 

雨にも降られなかったし、携帯+デジカメの‘トラブル’を除いては、そこそこ快適なツーリングとなりました。

三国街道はもう一度走ってみたいですね。

 

 


 

 

 

 

(改版:2016/10/01

 

 

inserted by FC2 system