勝手気ままなBike Touringの記録

No.31:‘2位じゃダメなんですか?’...早春の麦草峠   − 埼玉県 秩父郡大滝村〜長野県茅野市他 −(2011年4月30日(土))

 


 

 

 

 

 

今年のGWのツーリングはどこに行こうか?

 

北...

原発事故や放射能が気にならないかと聞かれれば実はあまり気にならないんだけど、余震まだちょっと気になる今日この頃

南...

行きたいところがちょっと思いつかないのと、湘南や足を伸ばして伊豆方面はきっと渋滞するだろうと思う今日この頃

東...

海方面は前回のツーリングで被災地を目の当たりにして 、当分は海に近づく気になれそうにないと思う今日この頃

西...

‘東’の反動かわからないけど、なんとなく気持ちが‘山’方面と云うのと、地震もこっち方面ならあまり心配無いだろうと思う楽天的発想な今日この頃。

 

そんなワケで今回は‘山越え’を目指して西の方角へ行くことに決定。

 

奥秩父/雁坂みち(国道140号)は、以前のツーリングとは逆...埼玉→山梨方向に走り、そしてバイクでは走ったことの無かった国道299号麦草峠を超え、国道254号で関東に戻り、3月19日に開通したばかりの北関東道群馬〜栃木区間を走るという、ただひたすら走るようなルートです。

最近500km近く走るのが当たり前になってきたな...。(笑)

 

 


 

 

 

前回は(結局)am8:00少し前の出発だったけど、今回は少し早めのam5:30に出発 。

ちなみに前回(の出発時)に発生したナビの電源問題は 、中華製激安DC-DCコンバータがトラブルの原因でした。応急処置こそ 済ませたものの、今イチ不安定というか、ちゃんとしたヤツに換えなきゃダメだよなぁやっぱり...。

 

 

 

この日は晴れって天気予報のお姉さん達が優しく云ってくれたのに、なんだか曇りっぽいなぁ...。

 

朝食を秩父市内のグラッチェ・ガーデンズで済ませ、奥秩父へ。

秩父鉄道三峰口駅は、リターン後の最初のソロ・ツー以来約5年ぶりだけど、何も変わってません。(笑)

 

 

 

 

 

国道140号から三峰口駅のある道(旧道?)への橋上から見える、新緑がまぶしい荒川の渓谷。

 

この渓谷、名前がついても良いんじゃないかって云うくらいけっこう深い(高い)けど、自分が知らないだけかな?

 

 

 

 

国道140号(新道)に入り、中津川をまたぐ雷電廿六木橋。

‘どれだけ金がかかってるんだ?’って感じのみごとな橋だけどあっさり通過。(笑)

 

最初のソロ・ツーの時にはまだ水がほとんど貯まっていなかった滝沢ダム、何となく駐まってしまった。

 

 

 

 

そう云われると、どうしてもつい...。(笑)

 

最初のソロ・ツーの時はこの先を右折、そしていきなり道を間違えダート走行したっけ。(笑)

 

だいぶ良い感じの天気になってきました。

 

 

 

 

雁坂トンネル手前にて。

料金の案内板をよく見てみると...。

 

「走りながら」これが読み取れる人はどれだけいるのだろうか?(笑)

(左の写真を見ればその大きさ(小ささ)がよくわかると思う。)

 

 

 

 

前のツーリングの時は真夏だったからトンネル内が寒いくらいひんやりしてたけど、今日はなんだかいたって普通。(笑)

 

トンネルを越えて山梨県側に入るとすぐの所にある道の駅「みとみ」、そして山を越えるとなんだか曇ってます。

前回はライダーなんか皆無だったけど、この日はけっこうな台数が駐まってました。

 

 

 


 

 

 

ここまで「助走区間」ってワケじゃないけど、ほとんど一気に走った埼玉県から雁坂トンネルを越えてと山梨県に入ります。

 

 

 

 

国道140号「雁坂みち」は、山梨県と埼玉県を繋ぐ重要な道路、大型車(バイクじゃないよ)も走るせいかこのように登板車線が設けられているけど、秩父側が狭いからなぁ...。

 

子供の頃、親父の運転する車で通った国道20号「甲府バイパス」を何となく走ってみたんだけど、ん〜単なる渋滞。(笑)

ただ、周りの山々(正面は南アルプス)は、埼玉にはあり得ない存在感でちょっと感動。(笑)

 

 

 

 

山梨県はあっけなく通過し(笑)、長野県に入りました。そして渋滞とは無縁の中央道(諏訪南IC付近)

ここから先が今回のツーリングの「メイン」です。

 

...この先、悲劇が待っていようとは...。(泣)

 

中央道原PAにて休憩...の予定だったけどお腹が空いてしまったので少し早い昼食。

‘山賊定食’、肉は山賊焼きだそうだけど、思ったほどインパクト無かった。(インパクト狙いで食ったワケじゃないけど。(笑))

そしてご飯多すぎ。子供の頃から親に「米粒を残すな」と教えられてきた自分は、やっぱり残さず食べてしまいました。ゲプッ。(ぉぃ

 

 

 

 

 

諏訪ICで中央道を降りて国道20号→国道152号/299号へ。ちなみにこの区間もビーナスラインと云うらしい。知らなかった...。

 

そして国道152号と299号が別れ、国道299号‘メルヘン街道’になったとたんにこの景色。( 前方は八ヶ岳です。)

 

 

これで晴れていたらなぁ...、って云うか、かなりどんより曇ってるんですけど。

 

 

 

 

蓼科別荘地を抜けどんどん登って行くと、あっという間に標高2000mまで来ました。

そして、麓では暑いくらいだったのに、ここまでくるとかなり寒いです。残雪があるくらいだもんな。

 

麦草ヒュッテに到着。

この季節にバイクで訪れるヤツなんかいないだろうなぁ...。(通過していくバイクはいるけど。)

 

 

 

 

麦草ヒュッテ前はまだこの雪です。

 

ヒュッテの方が話しかけて来てくれました。バイクに関心があったみたいです。

やっぱり地震の影響で訪れる人が激減しているそうで、「‘踏ん切りがつけば’ 来てくれるんですけどね。」とは、なかなかわかりやすい表現。

 

そりゃあ渋峠に比べればこの辺りは積雪量だって少ないサ。

 

 

 

 

「2位じゃダメなんですか?」

 

 

 

昨春訪れた渋峠(標高2,172m)が1992年に国道292号となり国道最高地点になってから、ここ国道299号麦草峠は2番目に高い国道になりました。

 

いっそのこと、峠の名前を「蓮舫峠」とかに改名したらおもしろいんじゃないか?(笑)

...って、既に死語か?

 

 

のんびり写真を撮っていると、ポツッ、ポツッ...っと、水素と酸素が化合した物体が空から...。

 

 

 

 


 

 

 

「山を超えるし、雨があるかも...。」、レインスーツは用意してましたがホントに降るとは...。

 

‘どうする?’と思いながら途中までそのまま走ったけど、一旦止んだと思ったら、まるで雷雨の時のように大雨が降る景色が目の前に見えたのであわててレインスーツを着込むハメに。

 

 

 

 

一時はザァーッと降った雨も、山を下るに従って止み...

と云うか、この辺りは降った形跡ないな、とひと安心したのか、それとも気のゆるみか...。

 

やってしまいました...。(泣)

 

 

 

 

 
   

明らかにオーバーペース、タイトな右コーナー侵入 、いや進入でブレーキングをミスって曲がりきれず、ガードレールと接触・転倒と云うお粗末な自爆です。

(後述:ブレーキング・ミスもありますが、おそらく進入で正面を直視しバンクできなかったことが大きな原因だと自己分析。)

 

 

それにしても、「あ〜ぁ...」と倒れたZZRを呆然と見ている脇を、数台の乗用車が平然と通過していくんですね...日本人っていつからこんなに冷たくなったんだ?←マジ思った 。

 

しばらくした後、通りがかったダンプのオジサンが「大丈夫かい?」と降りてきて、ZZRの引き起こしを手伝ってくれました。

ありがとう、助かりました。実は腰と(ヒビがある)左手が痛くて力が入りきらなかった...。

 

さらにその後通りがかった軽トラのオジサンも心配して「大丈夫かい?」と声をかけてくれた。

そのオジサン曰く、「気をつけてね。ここは事故が多いんだよ、あの電柱が倒れちゃったこともあるんだから。(笑)」

どうやらバカは自分だけでは無かったようです。←何の慰めにもならん。

 

バイクを起こして安全な場所に移動したのは良いけど、さすがにすぐ走り出すことは気持ち的にもムリ。

‘ふぅ〜っ...。’深呼吸(ため息か?)して、ざっと車体を見回したところ、ガードレールと接触した左カウルに少しと、転倒し地面と擦った右カウルとアンダーカウル、そして右ミラーに擦り(削り)傷があるくらいで、それ以外は大丈夫。

あ、後はマフラーも少し傷があったけど、ほとんど目立たないし左右交換しちゃえば見えなくなるから何とかなる。

 

でも、自分の身体も少し痛いけど、それより心が相当痛い...。

リア・ブレーキを強くかけ過ぎるクセが一番の原因だと思います。要はヘタクソなんですね、超自己嫌悪。

 

 

 


 

 

 

メゲていても仕方ないので帰ることに。身体は多少痛むけれど運転には支障なかったのが幸いです。

とりあえず気をつけて帰ろう...。

 

途中で寄り道する余裕もなく(当たり前だな)、当初の計画では国道254号で下仁田まで走り、そこから高速で帰宅するつもりだったけど、佐久ICから高速に乗ることに。

 

 

 

 

またポツッポツッ、と雨が降り出し、この先高速で降られても...と思って、途中でもう一度レインスーツを着込むことに。

 

甘楽PAにて。

 

佐久平PA(スマートIC)から上信越道に乗ったのですが、やっぱり普通に雨、レインスーツを着て正解だった...。

(下仁田ICを過ぎてようやく雨が上がった。)

 

 

 


 

 

 

渋滞が生じている関越道を避け、北関東道→東北道経由で帰宅。

北関東道も東北道も、渋滞するほどじゃなかったけど、それでも結構走ってたなぁ。

 

 

 

 

 
   

前回は(無罪放免だったものの)速度違反で捕まり、そして今回は転倒、なんだかなぁ...って感じです。

少し?いやだいぶ?調子に乗りすぎてたんだろうなきっと。

 

 

帰宅後、身体のあちこちが痛み始めました。そりゃあ、あのデカいバイクで転けたんだから仕方ない。多少の打撲程度で済んだんだから良かったとしよう。(とは云うものの、ん〜...。)

 

修理費(部品費)をざっと調べてみたら、

 

・左/右センターカウル

: ¥26,082(x2)

 

・右アンダーカウル

: ¥12,276

 

・右ミラーアッシ

: ¥14,364

 

 合  計

: ¥78,804

 

ほどかかりそうです。

金額はまぁあきらめがつく んだけど、一番の問題は‘パールメテオ・グレイ’色のミラーが部品として存在しないこと。

ソリッド(無塗装)?の黒に一本化されているみたい。確かにミラーボディがボディ色と同色なのは‘発売記念カラー’とも云われるパールメテオ・グレイのみだったし。

両ミラーを交換するのか、それとも直してどこかの業者で(再)塗装してもらうか...。

でも同色ミラーがが隠れた自慢(単なる自己満足)だし、黒に交換すると、よく知ってる人々には「あ、転けたな」とわかってしまう。 ハイ、その通りですが...。

いずれにしても、、とりあえずこのままにしておいても仕方ないから修理するけど、走るのは少し自粛した方が良いのかな ぁ...?

 

 


 

 

 

 

(改版:2017/01/04

 

 

inserted by FC2 system