勝手気ままなBike Touringの記録

No.18:‘八ッ場ダムは負の遺産になるのか?’  長野県長野原町〜草津町方面 −(2009年10月24日)

 


 

 

マス・ツーは黄金週間のツーリング以来、かなり久々です。

自分も含めて参加メンバーの予定がなかなか合わなくてこの日になったんだけど、それでも最後は結局3台だけになっちゃいました。

まぁみんな忙しかったり広島行っちゃってたり(誰が?)、それぞれ都合があるから仕方ないですね。

...って書くと、自分だけヒマそうにみえるのは気のせい?

そう、気のせいです、きっと...。(汗)

 

今回の幹事は‘雨男’(So)。

いつものことだけど、期待させてくれます。

週間天気予報ではずっと「快晴」だったのに、ツーリング決行の日が近づくにつれて「晴れのち曇り」⇒「夜になって(沿岸を中心に)雨」と変化してる。

「雨男、強し!」

強すぎるよ、マジで...。

 

 

 

 


 

 

 

今回の目的地は ‘草津’、前回のマスツー(鹿島〜九十九里)で温泉に入らなかった(って云うか良さげな温泉が無かった。)から今回は温泉が必須です。...ってオヤジツアーか?(笑)

 

草津方面...紅葉狩り真っ盛りの季節だし、混んでるかなぁ?⇒ 特に関越道。

関越道の渋滞は紅葉の季節だけじゃないか。

 

 

 

 

事前にドラぷらで調べてみると 、この日は午前中に下りで渋滞予想が出てます。

  大泉JCT → 所沢IC : 6:00-9:00(7:00)[5km]

  所沢IC → 東松山IC : 6:00-13:00(8:00)[20km]

  高崎IC → 渋川伊香保IC : 7:00-12:00(9:00)[5km]

  東松山IC → 花園IC:8:00-13:00(10:00)[10km]

   ()はピークの時間、[]はその時の渋滞の区間距離

って表示されてるけど、よく考えてみると渋滞の最もヒドイ地点が少しずつ北上して行くけど、結局渋川伊香保までずっと渋滞が続いてるってことになるなぁ。

 

気になることがもうひとつ。

天気です。

朝、出発前の予報では、「午後になって沿岸を中心に雨が降る」とか云ってるし。

ん〜やっぱり(So)のせいなのだろうか?

 

外に出てみると、それほど雲は厚くないけど確かに曇っている。

まぁ、雨は覚悟の上って云うかいつものことだし。

 

と云うわけで雨対策は準備万端、出発です。

 

 

 

 

 

 

集合場所の「上里SA」(この時はそう思ってた)に到着。

渋滞を覚悟していたけど、それほどひどくは無かったです。おかげでかなり早く着いてしまった。(笑)

 

車も多いけどバイクも多い。

写ってないけど写真の左側に停まっている米国製二輪車軍団をはじめとして、とにかく大型車のオンパレード状態 です。よくまぁこれだけ集まるモンだ。

それにしても、米国製二輪車はどうしても好きになれないなぁ、オレ...。

 

そんなことはどうでも良いんだけど、集合時間の9:00をかなり過ぎても誰も現れない。

おかしいなぁ?と思って幹事の(So)にメールするけどRES無し。

少し待つと(Ko)から着信

 

 「(Ku)さんどこにいます?」

 

頭をよぎった不安は的中、集合場所は上里SAでは無く嵐山PAだったのです!

...ってか、夕べ「ファイナルアンサーメール」←変な云い方(笑)をちゃんと読んだつもりだったのになぁ...。(超汗)

 

 

 

 

こうなったら、(Ko)と(So)が来るまで待つしかありません。

 

上里についてどのくらい待っただろう?

さっきまで大勢いたバイク達もみんな旅立って行きました。

妙に静かです。

やがて、10:30を過ぎた頃(Ko)と(So)が現れようやく合流、正直云って待ちくたびれてました。(笑)

どうもあの1件以来‘まさか事故ったんじゃないか?’と横切ってしまうんだけど、そんなことはなくひと安心 です。

 

‘集合時間9:00厳守でお願いします’と宣った幹事の(So)、集合時間を9:30と勘違いして、さらに渋滞の影響で遅れたとか。ヾ(・∀・;)オイオイ

これで、かなりアバウトな予定より1時間強くらいの遅れで出発です。

ま、アセってもしかたないし。

 

 

 

 


 

 

 

上里SAを出発し、渋川伊香保IC経由で草津へ向かうことに。

 

その前に地図を見ながら「八ツ場ダムってこのあたりだよねぇ。」

あれ?目的地は草津じゃなかったの?(笑) いつのまにか‘めざせ八ツ場ダム’状態です。まだダムは作られてないはずだけど。(笑)

 

 

 

 

渋川伊香保ICで関越道を降りて国道353号を走ります。

紅葉狩りでもっと混雑するかなぁ?と思ったけど、それほどでもなかったと云うか、けっこう空いてました。

 

‘名勝 吾妻渓谷’

 

確か‘関東の耶馬溪’って何かで見た記憶があるけど(後で調べたら‘ツーリングGo!Go! 0円マップ’に書いてあった。)、確かにけっこうスゴイ渓谷かも。

まったり走ってるのでけっこうきょろきょろ見ながら走ってた頃です。

それにしても紅葉が見事だ。

 

 

 

 

八ツ場ダムが完成すれば湖の底に沈んでしまう川原湯温泉駅、八ツ場ダムはこの駅の少し下流(渋川寄り)に作られるそうです。

 

ところで吾妻線はどうなるんだろう?

 

川原湯温泉駅の近くで見える紅葉と八ツ場ダム工事に関係する現場を眺める(Ko)と(So)。

八ツ場ダムそのものはまだ工事が始まってないのでもちろんその姿はありませんが...。

 

 

 

 

川原湯温泉駅を離れ少し走ったところで目に飛び込んできたのがこれ!

とにかくスゴイ存在感。

 

‘橋’を過ぎたところでバイクを停め見上げてみると...。

 

 

 

 

 

こんな感じです。

やじろべいか?ヾ(・∀・;)オイオイ

 

 

それにしても強烈な存在感です。

ダムが完成し水が溜まれば橋脚の大部分が水の中に沈んでしまうのでめだたなくなるんだろうけど...。

そう思うと、この姿が見れるのは今だけ?

いや、前原国交相が「ダム作るな!」宣言してるから、この存在感がそのまま残るのか?橋だけは最後まで作るのか?

どっちにしてもダムが造られなかったら‘負の遺産’に登録されることでしょう。

 

 

 

でも確かに、この場所にこんな橋本当に必要なのか?って云う気もしますね。

 

 

 

 

さらに進むと、また別の橋が見えてきました。全部ではないにしても、あの橋脚が湖の中に沈むんだよなぁ...、スゴイ深さになるぞ?

 

肝心な?紅葉はこんな感じです。

いやぁ、見事だなぁ...と思いながらまったりと走ってた頃。

 

 

 


 

 

 

国道145号〜国道292号を走り、13:30過ぎにようやく草津に到着です。

なんだか拍子抜けするくらいに順調でした。

 

先頭を走る(So)について行くだけなので、正直云って草津のどこを走ったかよくわかってません。

気がつくと、湯畑の前でした。

 

ここは湯畑脇にある駐車場でクルマは有料だけどバイクは無料。ただ、案内のおじいちゃんがけっこうウルサイ。

 「アンタはここに停めて。」

 「こっちに停めろって云ったじゃないの?」

ハイハイ、なんせ小回りが利かないもんでねぇ。(笑)

 

しっかし、エラソーなジイサンだなぁ。役場勤務だったか?(ぉぃぉぃ

 

紅葉の季節だからなのか、超有名な観光地?だからなのか、この辺りは大勢の観光客で賑わってます。

 

 

 

 

 

草津温泉と云えばこの湯畑。

初めて見たけど、思っていたのとちょっと違ったかなぁ。

もともとは熱い温泉を向こう側に見える‘お湯の道’に通すことでその温度を下げるためとか。

 

ふと、浦安市の某レジャー施設に同じような色の風景があったのを思い出しました。

ただしその施設では湯気が立ってなかったと思うけど。(笑)

 

湯畑の隅にあった... なんて表現したらわからないので「オブジェ」と云っておこう。

しかし、これは何がしたかったんだろう?

 

 

 

 

湯畑の脇にある足湯。

大勢の観光客で賑わってるって云うかごった返してる。これじゃあ芋洗い...足だから‘大根洗い’か?(ぉぃ

 

今日一番の目的地は「西の河原露天風呂」、湯畑から歩いて10分くらいだそうなので、西の河原通りを歩いて行くことに。

 

途中の「そばきち」と云うおそば屋さんで ‘マイタケ天ぷらソバ’ を食べた後(写真は撮らなかった。)、西の河原へ。

 

 

 

 

西の河原園地内の風景。

確かに河原なんだけど(川は一番右手に流れてる)、あちこちから温泉が流れ込んでます。

 

見事な紅葉...。

 

 

 

 

これって...。

 

5つ位並んでたお地蔵さん全てがこれかぶってるんです。

いやぁ、今回のツーリングで八ツ場ダムと同じくらい自分的には‘ヒット’でしたね。(笑)

 

 

どうして日本人はすぐに石を積み上げるんだろう?(笑)

 

 

 

 

 

西の河原の奥にある「西の河原露天風呂」に到着。

 

ここ、マジに見事な「温泉」です。

何が見事って、露天風呂しかないんです。何しろ脱衣場を出るとすぐに風呂(湯船)、洗い場なんかまったくありません。

 

ここの温泉、湯畑の様な‘温泉’の臭い(匂い?)がしません。ただ、温泉で顔を濡らすと目にしみるし、酸っぱい味がしました。(飲んでないよ。)

 

それに、大きな露天風呂は奥に進むほどお湯が熱くなって、とてもじゃないけど一番奥まで行けません。

一番奥で平気で入っているオジサンもいましたが信じられません。はっきり云って変態です。(ぉぃ

 

 

 

 


 

 

 

温泉も満喫したことだし、帰るとしますか。

...ってのんびりしてたら既に16:00を過ぎてます。

 

 

ホントは浅間白根火山ルート(万座ハイウェー)を走りたかったんだけど、この日の日の入りは16:55、さっさと帰らないと。

ここから浅間高原を抜けて軽井沢経由で帰ることに。割と単純な理由で、来た道と違う道で帰りたいから、です。(笑)

 

ちなみに、バイク置き場の奥は共同浴場のひとつ「白旗の湯」

だけど、観光地湯畑のすぐそばで、ましてバイク置き場の前だから、風情もへったくれも無いなぁ。

 

 

 

 

 

これはどこで撮ったかなぁ? 料金所の脇だったと思います。

ここまでメッシュグローブで頑張ってた(Ko)と(So)が寒さに耐えかねてグローブを交換してます。

って云うか、草津を出発する時点で交換しておけば良かったのに。

 

ちなみに自分のバイクのシートバック部分にある白い物体は草津で買った温泉まんじゅうです。(笑)

 

曇りがちの天気だったけど、振り返ると木の間から夕焼けが見えました。

浅間山の夕焼けです。

 

 

 

 

草津から1時間ちょっとで上信越道横川SAに到着。

軽井沢とか、もう少し混んでるかなぁと思ったけど、至って順調にここまで来ました。

 

横川SAでは有名な‘峠の釜めし’が売ってるんだけど、驚いたのはこれ。

本物の列車(の一部)があって、中の座席で釜めしを駅弁気分で食べれるようになってました。

 

 

 

 

 

渋滞表示が出ている関越道の状況で、上里SAか嵐山PAにで最後の休憩を取ることにして横川SAを出発。

 

上信越道はけっこう空いてたけど、関越道はやっぱり渋滞。

でもまぁ、あまり影響を受けず(多少の緊張を強いられるけど。)に嵐山PAまで走っちゃいました。

 

「何もゴミ置き場の前に停めなくても良いのに...。」(笑)

嵐山PAにはバイク駐車場がありませんでした。

 

 

一服して 、「じゃあそろそろ解散、気をつけて帰ろう。」

出発前カミさんに‘今嵐山PA、ちょっと遅くなったけど慌てないで帰ります。’ってメールすると、‘雨降ってるから気をつけて’と。

‘え、マジ?’と返信すると、‘うん、普通に降ってるよ。’

半信半疑で携帯で雨の様子を見てみると、ん〜...確かに雨だ。それどころか少なくとも東京や千葉は100%雨、埼玉ももう少し南へ行くと雨が降っている。

「やったじゃん!」(何が?)

やっぱり雨です。さすが雨男(So)ジンクスは保たれてます。嬉しくないけど笑っちゃいます。

と云うワケで皆それぞれにバッグを開けてレインスーツを着用。備えあれば憂い無しって?(笑)

 

 

 


 

 

 

嵐山PAを出発して5分もしないうちに雨がポツポツ降り始めました。

‘良かったぁ〜!’

そう思っているうちにあっという間に本降りに。レインスーツを着込んでおいて正解でした。

 

 

(So)と(Ko)はそのまま関越道を直進、自分は東松山ICで一般道へ。

雨の中を走るのは昨年菅生に行ったとき以来、その時はまだCBだったから、ZZR1400で雨の中を走るのはこの日が初めて 。

まぁ、普通に走っていれば何の問題もないんだろうけど、スロットルをラフに開けると滑る(グリップが負ける)んじゃないかと、必要以上にビクビク。(笑)

オマケに、ヘルメットのシールドに撥水剤などを塗っていなかったので、雨水が付着して前がよく見えないっ!

なので暗い道を避けて、東松山ICから国道254号〜国道16号経由で帰宅。

 

でも対向車線のクルマのヘッドライトの明かりが乱反射するから見にくくて、逆に暗い(と云うか、対向車の少ない)道の方が楽だったかなぁ、と後になって思いました。

 

 

 

約373km走った今回のツーリング、温泉が目的だったのに、いつのまにか‘目指せ八ツ場ダム’ツーリングになってました。(笑)

それはまぁ半分冗談(半分ホントかも。)ですが、紅葉の中を気持ち良いツーリングになりました。

そして(So)のジンクスは今回も見事に証明されました。(So)に勝つ‘超晴れ男’現れないかなー...。(笑)

 

 

 


 

 

 

 

(改版:2017/01/04

 

 

inserted by FC2 system