勝手気ままなBike Touringの記録

[ No.12:‘吉田うどんを食いに行こう’ - 山梨県富士吉田方面 - (2008年10月18日(土))]

 


 

 

紅葉には未だ少し早いこの季節、でもツーリングにはいちばん快適な頃かも。

雨さえ降らなければ、ね。(笑)

 

 

...と云うことで、久々に会社の連中とマス・ツーリングに行きました。

目的地は、山梨県富士吉田界隈で富士山の裾野をぐるっと回る予定、あくまでも‘予定’です...。

 

 

 

 


 

 

 

 

この日は、朝からとても良い天気に恵まれました。いやぁこんなに良い天気の中を走るのはGW以来かも。

 

自宅をam6:40過ぎに出発、何しろ今回は中央道藤野PAにam9:00に集合だから。

事前に計ってみたら藤野PAまで圏央道経由で約82km、これじゃあ集合地まで行くだけでツーリングになってしまうよ。(笑)

 

 

まずは、いつものごとく近所のJOMOで給油。

前回の水上ツーリングのときが¥177だったから2ヶ月で¥30も下がったことになるけど、それでもまだまだ高いなぁ。

...って、なんだかここで写真撮るのが当たり前になってきているな。(笑)

 

 

 

 

圏央道ができたおかげで、山梨や長野方面へ行くのがホントに楽になりました。川越から先の国道16号も交通量が減ったりするのかなぁ? ...と云えるほど圏央道の交通量は多くなさそうだ けどね。

と云うことで、国道16号を圏央道入間IC入口まで西へ。

土曜日と云うこともあってか、am7:00過ぎにも関わらずけっこう車が多いです。でもペースが落ちるほどでは無かったかな。って云うか圏央道もガラガラで実際には早すぎてしまった。(汗)

 

参加メンバーがそろったのはam9:45、それも幹事の(S)がいちばん遅れてきた! 

おまけに(A)は小仏トンネルの手前(東京側)で携帯を落としたと、めっちゃブルーな顔で現れるし。

非常電話から携帯を落としたことを伝えるとちょうど道路パトロールが走ってるから探してくれるとのこと。(A)はそのパトロールの人が藤野PAに到着するのを待っていることになり、他のメンバーは(A)をさっさと見捨てて藤野PAを出発。(ウソです。)

 

 

 

 

中央道藤野PAにam8:30より前に着いてしまった。(汗)

ん〜ヒマだなぁ...と思いつつタバコ吸いながら待っていると、車もバイクもどんどん入ってきて一時大混雑状態 だけどメンバーはまだ来ない...。

 

携帯を落とした(A)は後から追いかけてくることにして、他の5台は先に出発。

それにしても天気が良いなぁ。朝のうちは走ってると少し肌寒かったけど、この頃はもう超快適ツーリング状態。

 

 

 

 

いちばん遅れてきた幹事の(So)

妙に悠々と走ってますねぇ。(笑)

 

先頭を走る(Kz)

結局(S)以外は こんな感じで上手く撮れなかった。100km/hを超える位の速さで追い抜きながら撮るのって、かなりムチャしてるなぁって自分でも思った。(笑)

 

 

 

 

甲府南ICのひとつ手前にある境川PAまで移動してきました。 予定してなかったPAだけど、どうせ(A)はすぐには追いついてこないだろうし、まーのんびり行くかと云うことで。

...と思っていたら、(S)の携帯に(A)から「無事見つかりました、これから(藤野PAを)出発します。」と留守電が入ってました。高速パトロール(設備管理?)とかの人に無事拾われたとのこと、ヨカッタヨカッタ。(笑)

 

じゃ、そろそろ待ち合わせ場所の甲府南ICへ移動するか。

 

 

 

 

境川PAにて。

同じPAでも藤野PAとは雲泥の差って云うくらい駐車場も広いし空いてるし。

それしても、バイク駐車場に駐めろよなぁ。>メンバー達。(笑)

 

甲府南ICに移動してからあまり経たないうちに(A)が到着。

さっきの超ブルー顔はどこに云ったの?って云うくらい妙にさわやかな顔してやんの。(笑)

 

 

 


 

 

 

参加メンバーがようやく全員そろったところで富士山に向けて出発、この時点ですでに1:30位の遅れです。まぁこのメンバーなら良くある話だ。(笑) ...ってこれで良いのか?

 

 

 

 

 

ん〜?

地図を見ながらナビとにらめっこする人、初めてみたわぁ〜。(笑)

 

バイク用のナビは画面が小さいからコースやルートを考えるときは地図を見ながらセットする方が楽みたいでした。

 

 

 

良いなぁ〜 ナビ...。

 

 

 

 

甲府南ICから(ルート上で)いちばん近いスタンドは既に廃業、2番目のスタンドで給油をする方々。

 

精進湖が見えてきたと思ったら、おおーっ今日の目的地、富士山だ。なぜかプチ感動です。(笑)

中央道からは、靄がかかって見えなかったからね。

 

 

 

 

精進湖を通り過ぎて本栖湖畔へ。

旧五千円札、新千円札に描かれている富士山の風景が見えるスポットだそうだけど実は知らなかった...。(汗)

 

その五千円札の風景、やっぱり富士山はデカイっ!

天気は良いんだけど霞がかかってて、今イチかなぁ?

 

 

 


 

 

 

携帯落下事件&救出劇(!!)のおかげでだいぶ遅れ気味です。

お札の富士山を見たの時点で12:00を過ぎているので、富士山の周りをぐるっと廻る...は自然消滅(笑)、次は吉田うどんを食べに富士吉田市界隈へ移動することに。

 

 

 

 

ちなみにこの辺りは旧上九一色村

オ●ム真理教で有名になった地名ですね、地元の人達には迷惑以外の何でも無かっただろうなぁ...。

 

(A)が下調べをしてくれてたみたいで、選んだうどん屋さんは「白州うどん」

看板などは全く出て無くて、どうみても普通の民家としか思えません。でも大勢のお客さんで賑わってました。

 

 

 

 

吉田うどんは、味噌味の汁と野菜が多いのが特徴だそうですが、お店によってアレンジされているみたいですね。

そしてとにかく麺が太くて固い!‘コシが強い’のレベルじゃない。量も多くてこれで¥300、でもかなり満腹です。

 

こちらは冷やし、ホントに麺とキャベツのみ。

 

 

まるで田舎のおばあちゃんの家で...と云うより、ホントに普通の民家の居間で食べてます。

 

 

 


 

 

 

満腹になった次は温泉へ。実にわかりやすい目的地と云うか...。(笑)

次の目的地は、紅富士の湯です。でも、あらかじめ決まっていたわけではなくて、実はうどん屋さんを出発する前に選んだのでした。でも調べてみると、このあたりにはあまり天然の温泉が無いみたいですね。紅富士の湯も源泉の温度は26℃、つまり「沸かし湯」ってことです。富士山って(休)火山なのになぁ...。

 

 

 

 

温泉に行く前に山中湖に寄り道。

本栖湖とかと違って?ここは思いっきり観光地って云う雰囲気だなぁ。

 

鳥と戯れる(S)とそれを冷やかす(Kz)。

彼が与えてるエサは湖畔で売られているんだけど、誰がどう見ても鯉のエサです。

 

 

 

 

紅富士の湯に到着。

サイトを見てもらえればわかるけど夕方になると浴場から真っ赤な富士山が見えるそうです。今日は見えるかなぁ?

 

紅富士の湯のオートバイ駐車スペースにはたくさんのバイクが止まってました。

人気の温泉なのかな?

 

 

 


 

 

 

お風呂を出る頃には、あたりはだいぶ暗くなっていました。夕闇に浮かぶ富士山がとてもきれいで、ホントはどこかでバイクを止めて富士山の写真を撮りたかったんだけど、マス・ツーなのでそうもいかず、ちょっと残念です...。

帰りは御殿場ICから東名で帰るルートで家までは約160kmの道のりです。と云ってもその大半が高速だけど。(笑)

 

 

 

 

足柄SAに到着。

時間は18:49なのですが、お昼過ぎに食べたうどんがまだ残っててちっともおなかが空きません。(もたれているわけではない。)

 

最後の休憩地、海老名SAに到着。

渋滞を覚悟していたこの日の東名道、信じられないくらい空いてて快適な高速走行ができました。

この日はここで実質的な解散になりました。

 

 

 

 

 

これは翌日撮った写真です。

全走行378.3km、天気も良く思ったよりも暖かかったのでなかなか快適なツーリングになりました。あまり疲れなかったしね 。

 

 

でも、富士山がよく見える日に、写真を撮りにもう一度訪れたいなぁ...、って寒くなるから今年はムリそうだけど。(笑)

来年、また行こう。

 

 


 

 

 

 

(改版:2016/10/06

 

 

inserted by FC2 system inserted by FC2 system